安志晩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安 志晩(アン・ジマン)
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 大邱広域市
生年月日 1983年10月1日(32歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 1次ドラフトで三星ライオンズから指名
初出場 2003年4月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗大韓民国

安 志晩(アン・ジマン、1983年10月1日 - )は、韓国プロ野球プロ野球選手

経歴[編集]

威力あるストレートを武器に、2005年から中継ぎとして活躍している。

2010年には2010年アジア競技大会野球韓国代表に選出された。この大会では、韓国の優勝により兵役免除の恩恵を受けた。

2011年には主にリリーフで自己最多の11勝を記録し、韓国シリーズ優勝に貢献した。

2012年2013年も右の中継ぎのリリーフとして活躍し三星の韓国シリーズ3連覇に貢献した。2013年11月18日、アジアシリーズ2013準決勝のキャンベラ・キャバルリー戦ではジャック・マーフィーに本塁打を打たれ敗戦投手となった。

2014年オフ、FAを行使し4年契約で三星に残留した。

2015年は韓国プロ野球新記録のシーズン37ホールド、個人通算初の150ホールドを達成。同年10月7日、第1回WBSCプレミア12の韓国代表選手28名に選出されたことが発表された[1]。だが10月25日、個人的問題によりプレミア12韓国代表から外れただけでなく、同年の韓国シリーズにも出場しなかった。

2016年は前年の個人的問題にかかわらず、4月上旬から一軍公式戦に出場していた。だが7月に不法賭博のインターネットサイトの開設と経営に関わっていた容疑により司法当局から捜査を受けたことが明らかになり、7月21日、三星から契約解除された。

選手としての特徴[編集]

マウンドに上がる際、つばが斜めになった帽子をかぶるのが特徴的だったが、2015年の個人的問題が発覚したことで、2016年はそのような帽子のかぶり方をしなくなっていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






































W
H
I
P
2002

1軍出場なし
2003 14 1 0 0 0 21.2 31 6 6 3 11 19 19 7.89 4.57 1.71
2004 12 0 0 0 0 22.0 30 7 9 3 13 19 19 7.77 5.32 1.77
2005 63 8 3 0 14 82.2 65 8 36 7 72 35 32 3.48 7.84 1.22
2006 7 0 1 0 2 6.0 10 1 5 1 4 10 6 9.00 6.00 2.50
2007 53 5 3 0 7 108.0 100 7 43 1 83 43 41 3.42 6.92 1.32
2008 51 5 1 0 9 69.2 67 5 28 2 64 25 23 2.97 8.27 1.36
2009 17 2 4 0 1 51.0 54 5 18 1 32 31 29 5.12 5.65 1.41
2010 67 9 3 9 8 92.0 74 6 25 7 95 32 28 2.74 9.29 1.08
2011 47 11 5 0 17 86.0 74 3 20 4 77 30 27 2.83 8.06 1.09
2012 56 1 2 0 28 63.1 42 1 20 0 58 12 12 1.71 8.24 0.98
2013 54 6 2 0 22 63.2 46 3 23 3 60 23 22 3.11 8.48 1.08
2014 55 6 3 1 27 62.1 51 5 30 4 67 27 26 3.75 9.67 1.30
2015 66 4 3 0 37 78.1 76 8 26 2 96 29 29 3.33 11.03 1.30
通 算 562 58 30 10 172 806.2 720 65 289 38 732 335 313 3.49 8.17 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はリーグ歴代最高。

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표 The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語)2015年10月21日閲覧

外部リンク[編集]