安住神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安住神社
所在地 栃木県塩谷郡高根沢町上高根沢2313
位置 北緯36度35分28.14秒
東経140度1分48.62秒
主祭神 底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后
社格 村社
創建 899年
本殿の様式 神明流造
例祭 10月17日
テンプレートを表示

安住神社(やすずみじんじゃ)は栃木県塩谷郡高根沢町にある神社。安産と家を守る御利益がある。本殿は栃木県指定文化財旧社格は当初、郷社であったが、のち村社。全国バイク神社認定一号[1]

祭神[編集]

歴史[編集]

899年に新井吉明が住吉大社から分霊

施設[編集]

末社[編集]

行事[編集]

  • 大鏡餅奉納式[2][3] - 1982年から始まった年末の行事で、五穀豊穣を願う。神田で収穫された餅米8俵を使用した大鏡餅は重さ約700kg。3段で全高約90cm。直径は約1メートル10cm。上にはダイダイではなく晩白柚を乗せる。2月3日の節分祭で福餅として参拝者に配られる。

出典[編集]

  1. ^ a b 読売新聞栃木版 2017年9月3日 22面「とちぎ見聞録」。
  2. ^ 読売新聞栃木版 2015年12月31日 27面掲載。
  3. ^ 下野新聞SOON 2015年12月31日掲載 「重さ700キロ、大鏡餅奉納 高根沢の安住神社」

外部リンク[編集]