奈良原三次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奈良原三次

奈良原 三次(ならはら さんじ、1877年明治10年)2月11日 - 1944年昭和19年)7月14日)は、日本の航空パイオニアである。鹿児島生まれ、元日本海軍軍属技士で、1911年(明治44年)5月に自作の複葉機で飛行に成功し、翌年日本で初めての民間飛行場を開設し、生涯にわたり航空の発展に寄与した。男爵。

経歴[編集]

1877年(明治10年)2月11日、男爵奈良原繁の次男として鹿児島県鹿児島府下高麗町(現:鹿児島市高麗町)に生まれた。

1894年(明治27年)、城北中学(現 都立戸山高校)を卒業後、八年ほど置いて第六高等学校に進学。母方叔父の予備艦隊司令官だった毛利一兵衛(のち海軍少将)から凧式繋留気球の話を聞く[1]

1908年(明治41年)、東京帝国大学(現:東京大学)工学部造兵科を卒業して海軍少技士に任官した。横須賀海軍工廠造兵部に就職し、海軍中技士(中尉待遇)となり、学習院女学部を卒業したばかりの東郷亀尾(東郷重張の孫・重持の娘)と結婚するも、帝大在学中からの愛人である14歳下の神田明神下芸妓・福島ヨネと同居[1][2]。飛行機の研究をはじめ、臨時軍用気球研究会の委員に任じられる。

1910年(明治43年)自費で機体に丸竹を用い、父親と新妻が暮らす四谷の邸宅の庭で「奈良原式1号飛行機」を製作するが、同研究会から許可の下りたアンザニ25HPエンジン[3]Anzani-3W)の出力不足などもあり離陸できなかった。同委員を辞し、海軍造兵大尉待遇を受けて海軍を退役し、翌1911年(明治44年)、私有のノーム50HPエンジン[4]Gnome Omega)を搭載して「奈良原式2号飛行機」を製作、同年5月5日所沢飛行場にて自らの操縦で高度約4m、距離約60mの飛行に成功した。国産機による初めての飛行記録であるとされる(一方、これより10日ほど早い同1911年4月24日に、森田新造が大阪の城東練兵場で距離約80mの直線飛行に成功したという記録もある)。東京飛行機製作所を設立して新宿角筈に工場を造り、臨時軍用気球研究会の御用として、飛行機の修理や研究用のプロペラ製作などを請け負っていた[2][5]。奈良原式3号飛行機制作中に、会社の経営を任せていた支配人と金銭トラブルとなり、3号機が差し押さえられ、試験飛行を断念するも、株屋の高井治兵衛らが出資協力して東京・京橋八丁堀(現・中央区)に新会社「東洋飛行機商会」を設立、1912年(明治45年)3月に奈良原式4号機を完成させる[5][6]

奈良原式4号機「鳳号」

1912年(明治45年)5月千葉県稲毛海岸に民間飛行場を開き、白戸栄之助伊藤音次郎らの民間パイロットを養成し、奈良原式4号機「鳳号」などを製作し、日本の民間航空の発展につくした。奈良原飛行団を組んで各地で鵬号の巡回飛行を行なっていたが[7]1913年大正2年)航空界から一旦引退する。1930年(昭和5年)に日本軽飛行機倶楽部の会長に就任し、以降も後進の指導・育成にあたり、またグライダーの発達・普及などにも尽力した。1944年(昭和19年)7月14日に死去。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

参考文献
参考サイト

脚註[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 沖縄はどう生きるか ③誰にも知られたくなかった沖縄の戦前の謎と戦後の闇 奈良原繁の息子は日本初のヒコーキ野郎佐野真一、web集英社文庫
  2. ^ a b 沖縄はどう生きるか ③誰にも知られたくなかった沖縄の戦前の謎と戦後の闇佐野真一、web集英社文庫
  3. ^ このエンジンは、空冷式扇型3気筒ブレリオ機(Blériot XI)と同型。
  4. ^ このエンジンは、空冷星型7気筒回転式アンリ・ファルマン複葉機(Farman III)と同型。
  5. ^ a b 日本民間航空通史 航空機の黎明期 市久会 矢坂山を語る会
  6. ^ 『科学技術の発展過程に関する分析』柴田治呂、総合研究開発機構, 1982, p143
  7. ^ 本社主催「航空三十年」座談会大阪朝日新聞 1940.9.14-1940.9.24 (昭和15)
  8. ^ 記念館公式サイト 2011年1月閲覧
日本の爵位
先代:
奈良原繁
男爵
奈良原(繁)家第2代
1918年 - 1944年
次代:
栄典喪失