奈多宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奈多宮
所在地 大分県杵築市大字奈多229
位置 北緯33度25分43.388秒
東経131度42分22.604秒
座標: 北緯33度25分43.388秒 東経131度42分22.604秒
主祭神 比売大神
応神天皇
神功皇后
社格 旧県社
創建 (伝)神亀6年(729年)
本殿の様式 八幡造
別名 八幡奈多宮
奈多八幡宮
例祭 4月5日
テンプレートを表示

奈多宮(なだぐう)は、大分県杵築市に鎮座する神社である。旧社格県社八幡奈多宮(はちまんなだぐう)、奈多八幡宮(なだはちまんぐう)とも呼ばれる。

概要[編集]

奈多海岸のほぼ中央に位置する。宇佐神宮と関係の深い神社であるが、正確な創建の時期は不明である[1]。伝承では宇佐神宮の別宮として、神亀6年(729年)に宇佐神宮大宮司であった宇佐公基により創建されたという。主祭神は比売大神応神天皇神功皇后

宇佐神宮の旧神体とされる木造僧形八幡神坐像と2躯の木造女神坐像の三神像を収蔵しており、これら三神像は国の重要文化財に指定されている。このことが示すように当社と宇佐神宮との関係は深く、かつて宇佐神宮で行われていた6年毎の行幸会では、新しい神体の薦枕が宇佐宮本殿(上宮)に納められると、上宮の古い薦枕は宇佐神宮の御炊殿(下宮)に納められ、下宮の古い薦枕はいったん奈多宮に納められた後、海に流されたとされる。

また、中世においては豊後国守護大友氏との関係が深く、八幡奈多宮の大宮司・奈多鑑基は大友氏の寺社奉行となり、その娘奈多夫人大友義鎮(宗麟)の正室となって、嗣子の大友義統を生した。

奈多海岸の沖合約300mにある市杵島という小島は八幡奈多宮の元宮である。比売大神は、最初、市杵島に降臨したと伝えられており、岩礁の上には小鳥居が建てられている。

沿革[編集]

文化財[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本歴史地名大系 大分県の地名』(平凡社、1995)、p.462
  2. ^ 杵築市の八幡奈多宮でユーモラスに御田植祭 大分合同新聞、2012年4月6日

外部リンク[編集]