大里ヨシユキと安全+第一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大里ヨシユキと安全╋第一
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 建築ロック
メンバー 大里ヨシユキ (ボーカル)
貝柱なみ (ダンス&ボーカル)
奥飛騨さおり (ダンス&コーラス)
上月ゆうか (ダンス&ドクター)
フランケン吉田 (ダンス&ダンス)
一番星哲也 (ベース、リーダー)
淺野勝盛(KATSUMORI) (ギター)
アキレスKEN (パーカッション)
関慶和(ゴッホ関) (ドラム)
板倉真一 (板倉ベルボトム)(キーボード)

大里ヨシユキと安全╋第一(おおさとよしゆきとあんぜんだいいち)は、2003年に結成された日本のお笑いロックバンドである。

代表曲として「YUME」「温泉ピンポン」等が挙げられる。

来歴[編集]

2003年、淺野勝盛一番星哲也アキレスKEN(シグナルズ)の33人はミュージシャンだけでは生活がままならず、六本木のバーでアルバイトをしていた。淺野勝盛の誘いで、小学校からの友人大里ヨシユキと、大里の後輩貝柱なみ、フランケン吉田が飲みにくるようになる。その後、大里ヨシユキと貝柱なみがひょんな事から麻布十番でバーを営む事となり、「せっかくだから開店祝いにバンドでもやるか!!」との軽い会話から『安全╋第一』(後に、大里ヨシユキと安全╋第一に改名)を結成する事となった。最初のライブはワンマンで、六本木「日拓ビル」のclubで300人近くを動員。

ライブでは芸能界に人脈が多い大里ヨシユキと淺野勝盛が著名人を呼び、ステージに上がってもらうことがある。これまでにライブに登場した著名人は、堀江貴文渡部絵美アントキの猪木大至伸行(元関取)、田中真弓ノブ&フッキー山本淳一(元光ゲンジ)、おにぎり、等。

2006年、元ライブドア社長堀江貴文が、ライブに飛び入りしたことがキッカケで、堀江貴文・大里ヨシユキ・貝柱なみの3人で「ソテーガイ」というユニットを結成しデビューすることを計画・実行するものの、堀江氏の逮捕によりその計画はあえなくお蔵入りとなる[1]

2007年頃からタレントのはるな愛ほっしゃん。が「温泉ピンポン」をテレビで紹介し始め、吉本興業の番組「ヨシモト∞」に大里ヨシユキと貝柱なみの二人でテレビ初出演。その後も色々な番組で「温泉ピンポン」が紹介された。

2009年10月21日、メンバーのうち一番星哲也・大里ヨシユキ・貝柱なみの3人が、「一番星哲也と風呂上がりボーイズ」としてe-SUM RECORDSユニバーサルミュージック傘下)より「温泉ピンポン」で配信デビューしている。

2010年6月には 作詞家「松本一起チャリティー企画 'いのちを笑わそう' 作詞 松本一起、作編曲淺野勝盛」にフロントメンバーとシグナルズがコーラスとして参加。

因みに大里ヨシユキと淺野勝盛は小・中学と同じであり、そして一番星哲也とアキレスKENは京都出身で高校が同じで伝説のコミックロックバンド「ノイズファクトリー」のメンバーである。また、大里ヨシユキと安全╋第一のすべての楽曲の作詞・作曲・編曲、ライブ構成・演出、ネタ構成等は、リーダーである一番星哲也が行っている。

2015年2月、バンド名を「大里ヨシユキ and 提灯☆行列」と改名し、再スタート。

メンバー[編集]

◎大里ヨシユキと安全╋第一(2003~2012)[編集]

大里ヨシユキ
ボーカル
貝柱なみ
ダンス&ボーカル
奥飛騨さおり
ダンス&コーラス
上月ゆうか
ダンス&ドクター
フランケン吉田
ダンス&ダンス
一番星哲也
ベース、リーダー
KATSUMORI(淺野勝盛)
ギター
アキレスKEN
パーカッション
ゴッホ関(関慶和)
ドラム
板倉ベルボトム(板倉真一)
キーボード

◎大里ヨシユキ and 提灯☆行列(2015~)[編集]

大里ヨシユキ
ボーカル
一番星哲也
ベース、リーダー
淺野勝盛
ギター
アキレスKEN
パーカッション
ゴッホ関(関慶和)
ドラム
板倉ベルボトム(板倉真一)
キーボード
濃井あさき[MANGE-KYO]
ダンス
薄井まみ[MANGE-KYO]
ダンス

○サポートメンバー[編集]

 今までのライブでプレーしたメンバー。

みの~る岡安(岡安稔)
ドラム
石塚タックル(石塚卓)
キーボード
上條貴史
ベース
ゴッド(税所幸久)
ドラム
山崎ブンブンブン(山崎文一朗)
キーボード
下田武男
ドラム

作品[編集]

シングル[編集]

  • YUME (2004年)
  • ヒーロー/営業スマイル/ときめき胸キュンLOVE (2006年)
  • Fly High/栄光への道 (2007年)

アルバム[編集]

  • 日本全国リフォーム計画(2004年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホリエモン、今度は「ソテーガイ」歌手デビュー”. ZAKZAK (2006年1月6日). 2010年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]