一番星哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一番星哲也
生誕 (1968-07-27) 1968年7月27日(49歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライターベーシスト作詞家作曲家音楽プロデューサー婚礼司会
活動期間 1993年 - 現在

一番星 哲也(いちばんぼし てつや、1968年7月27日 - )は、京都府京都市上京区出身のミュージシャン音楽プロデューサー。本名は西野哲也。身長184cm、体重75kg、血液型B型。トータスクリエイション所属。

学歴[編集]

京都市立翔鸞小学校 → 京都市立衣笠中学校 → 京都府立山城高等学校 → 東京写真専門学校(現、東京ビジュアルアーツ

人物・来歴[編集]

  • 1990年12月16日、地元京都にてコミックロックバンド「ノイズファクトリー」結成。ベース、コーラス、リーダー、ネタ、広報担当。
  • 1994年12月、「ノイズファクトリー」としてKi/oon Sony Recordsよりメジャーデビュー。
  • 1997年、学生援護会「an」のCM企画で、篠原ともえのバックバンドをノイズファクトリーの楽器隊が務め、「しのランドPUNK」結成。12月、レコード会社の契約終了により、しのランドPUNK、ノイズファクトリー共に解散。
  • 1998年、自身がボーカルを務める「一番星哲也withトワイライトクルー」を結成するも、一度きりのツアーで終了。以降はツアーサポート、スタジオレコーディングなどの活動のほか、音楽プロデューサー、イベント司会、婚礼司会、リングアナ、役者などで活動。
  • 2003年7月、建築ロックバンド「大里ヨシユキと安全╋第一」結成。
  • 2006年1月、元ライブドア社長堀江貴文をボーカルとするユニット「ソテーガイ」の作詞・作曲及び音楽プロデュースを担当するものの、本人逮捕によりデビューすることなくお蔵入りとなった[1][2]
  • 2009年11月21日、e-SUM RECORDS(イーサム・レコード、ユニバーサルミュージック傘下)より、「一番星哲也と風呂上がりボーイズ」として「温泉ピンポン」で配信デビュー。
  • 2010年7月7日、オリジナル2ndミニアルバム『グリーン☆ジャイアント』発売。収録曲の『ちいさな命』は、児童虐待をテーマにしたメッセージソングで、「子ども虐待防止 オレンジリボン運動」に応援メッセージを出す。
  • 同年11月5日、総勢35組52名のお笑いタレントによるチャリティソング『いのちを笑わそう』に、シグナルズとしてコーラス参加。
  • 2012年頃から株式会社トータスクリエイションの社歌・イメージソング制作事業プロデューサーとして活動を始める。ようこちゃんズのメンバーとして、またはソロでの音楽活動、イベント司会、嵯峨野レンジャー、落語などの出演記録は、2012年1月28日から掲載がある[3]
  • 2015年2月、「大里ヨシユキと安全╋第一」がバンド名を「大里ヨシユキ and 提灯☆行列」と改名し再スタート。

ディスコグラフィ[編集]

ノイズファクトリー[編集]

大里ヨシユキと安全╋第一[編集]

一番星哲也[編集]

  1. 幻の迷曲集(1998年5月、非売品)
  2. 空に星がある限り(2003年5月3日、オフィス酔唄)
  3. 京都酔唄 其ノ二(2009年5月30日、オフィス酔唄、オムニバス参加)
  4. グリーン☆ジャイアント(2010年7月27日、オフィス酔唄)

主なレギュラー出演[編集]

ラジオ[編集]

  • 快感!NOISE FACTORY(1993年4月~1994年9月、KBS京都ラジオ)
  • P-POPSTATION(1995年4月~1996年3月、FM愛知)
  • ヤングタウン(1996年4月~1997年3月、MBSラジオ)
  • 斬!居酒屋・清次(2007年1月~2008年3月、KBS京都ラジオ)
  • YUME.COM(2008年4月~2010年9月、α-Station

テレビ[編集]

  • 気ままにBand Be 2(1993年6月~1995年3月、KBS京都テレビ)
  • テレビのツボ(1994年1月~1994年3月、MBSテレビ)

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホリエモンが3月にも歌手デビュー”. ORICON STYLE (2006年1月6日). 2010年9月28日閲覧。
  2. ^ ホリエモン、今度は「ソテーガイ」歌手デビュー”. ZAKZAK (2006年1月6日). 2010年9月28日閲覧。
  3. ^ 一番星哲也 出没情報 - トータスクリエイション

外部リンク[編集]