大賀小四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大賀 小四郎(おおが こしろう、1910年明治43年)11月3日 - 1991年平成3年)2月24日)はドイツ文学者外交官兵庫県西宮市甲陽中学校出身(七回卒)。配偶者はヴァイオリニストの諏訪根自子

来歴・人物[編集]

1934年京都帝国大学文学部独文科卒。1937年からドイツのライプツィヒ大学に学ぶ。1939年に、帰国し外務省に入り、結婚するも、その後、外交官補としてベルリンに赴任。ドイツ留学中は朝永振一郎とも交流があった。

1945年、ドイツの敗戦とともに、アメリカ軍に捕らえられて、アメリカに拘留。この一連の出来事では、前田陽一諏訪根自子が一緒だった。

帰国後、1949年一高教授を経て、東京大学教養学部助教授、教授を1969年まで歴任した。1968年に諏訪根自子と再婚。1969年にケルン日本文化会館初代館長としてドイツのケルンに赴任。1972年に帰国し、獨協大学外国語学部教授となる。1981年退職。

諏訪根自子の配偶者として有名である。

参考文献[編集]

  • 『甲陽だより』
  • 『全国大学職員録』
  • 『美貌なれ昭和』文藝春秋
  • 『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯』アルファベータ
  • 『前田陽一 その人その文』 同刊行委員会編
    東京大学出版会、1989年「遺文集、追悼文」 
  • 『朝永振一郎著作集』別巻 2

関連項目[編集]