大沼紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大沼 紀子(おおぬま のりこ、1975年 - )は日本の脚本家小説家岐阜県出身。

略歴[編集]

法政大学卒業。職を転々としたのちにフリーライター生活を経て、シナリオ・センターで学び[1]、脚本家として活動する。その傍ら、2005年『ゆくとし くるとし』で第9回坊ちゃん文学賞大賞を受賞。翌年同作品で作家デビュー[2]。その他の作品に『ばら色タイムカプセル』『真夜中のパン屋さん』等がある。

著書[編集]

まよぱんシリーズ[編集]

  • 真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ(2011年6月 ポプラ文庫
  • 真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒(2012年2月 ポプラ文庫)
  • 真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生(2012年12月 ポプラ文庫)
  • 真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫(2013年10月 ポプラ文庫)
  • 真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者(2016年3月 ポプラ文庫)
  • 真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥(2017年6月 ポプラ文庫)

ノンシリーズ[編集]

  • ゆくとし くるとし(2006年11月 マガジンハウス
    • 【改題・大幅改稿・増補】空ちゃんの幸せな食卓(2013年4月 ポプラ文庫)
      • 収録作品:空ちゃんの幸せな食卓 / ゆくとし くるとし / 僕らのパレード
  • ばら色タイムカプセル(2010年8月 ポプラ社 / 2012年4月 ポプラ文庫)
  • てのひらの父(2011年11月 ポプラ社 / 2014年4月 ポプラ文庫)
  • 路地裏のほたる食堂(2016年11月 講談社タイガ
  • 路地裏のほたる食堂 2人の秘密(2018年1月 講談社タイガ)

アンソロジー[編集]

「」内が収録作品

  • 眠らないため息(2011年12月 幻冬舎文庫)「蜘蛛と蝶」
  • 恋の聖地 そこは、最後の恋に出会う場所。(2013年5月 新潮文庫)「たわいもない祈りー石のまち・金谷」
  • 明日町こんぺいとう商店街2 招きうさぎと六軒の物語(2014年4月 ポプラ文庫)「やきとり鳥吉」
  • ファンタジーへの誘い-ストーリーテラーのことのは-(2016年6月 徳間書店)《インタビュー集》

単行本未収録作品[編集]

  • 君待ち(『小説新潮』2015年1月号)
  • こぼれ落ちた夏の話(『小説新潮』2016年5月号)

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • Wanna be FREE! 東京ガール(2006年8月12日公開、配給:ボルテージ、監督:津谷祐司、主演:上原奈美

映像化作品[編集]

脚注[編集]