津谷祐司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津谷 祐司
(つたに ゆうじ)
生誕 (1963-03-10) 1963年3月10日(55歳)
日本の旗 福井県
出身校 東京大学工学部卒業
UCLA大学院映画監督コース卒業
職業 実業家映画監督

津谷 祐司(つたに ゆうじ、1963年3月10日 - )は、日本実業家映画監督株式会社ボルテージ創業者、代表取締役会長社長ファウンダー。Voltage Entertainment USA, Inc. CEO

略歴[編集]

1963年福井県生まれ。1985年東京大学工学部を卒業後、博報堂に入社。1993年UCLA映画学部大学院監督コースに3年越しで合格し、渡米。1997年帰国し、博報堂へ復職、社内ベンチャーでインターネット事業を立ち上げる。1999年に退職し、株式会社ボルテージを設立、社長に就任。携帯コンテンツ事業を開始。2000年マルチ対戦ゲーム「バトル東京23」で、第1回MCF特別賞を受賞するも、創業以来、4期連続の赤字に苦しむ。2002年、事業経営の合間を縫って、卒業作品の編集を完成させ、UCLAを卒業。2006年、恋愛ゲーム第一弾をリリース。以降、事業を恋愛ゲームに絞って展開し、モバイル恋愛ゲーム会社として日本一(世界一)に成長させる。2010年東証マザーズ2011年東証一部に上場。Fast50を8年連続で受賞(史上最多受賞記録を保持)。2012年にはサンフランシスコにSFスタジオを設立し米国進出。App Storeエンタメカテゴリのアメリカシンガポールなどで上位をキープ。2013年取締役会長2014年代表取締役会長となり、映画監督としての活動も再開している。2016年代表取締役社長に復帰。

経歴[編集]

作品[編集]

映画・DVD・動画配信

  • 『100シーンの恋 石黒英雄編』 (2009年 動画配信・DVD) 監督
  • 『100シーンの恋 佐野和真編』 (2008年 動画配信) 監督
  • 『100シーンの恋 (主演・水島ヒロ)』 (2008年 動画配信・DVD) 監督
  • 『Wanna be FREE! 東京ガール』 (2006年 劇場公開) 脚本・監督
  • 『ブロークンギター』 (2002年) 脚本・監督 *UCLA映画学部 卒業作品
  • 『トランスフォーメーション』 (1996年) 脚本・監督 *NY州ロチェスター国際映画祭 最終選考候補
  • 『サンセット・ダイナー』 (1994年) 脚本・監督

モバイルゲーム

  • マルチ対戦ゲーム『百人斬り』 (2001年) 企画・プロデュース
  • マルチ対戦ゲーム『バトル東京23』 (2000年) 企画・プロデュース
  • インタノベル『Side-k』 (1999年)他 企画・プロデュース

著書[編集]

  • 『コンテンツビジネスのすべてはUCLA映画学部で学んだ。』 幻冬舎(2014/1/31)ISBN 978-4344952133
  • 『なぜ、ネットでしかヒットは生まれないのか』 PHP出版(2008/6/2)ISBN 978-4569698366
  • 『映画監督術〈2〉cinematic motion』(翻訳) フィルムアート社 (1998/04)ISBN 978-4845998791
  • 『映画監督術 SHOT BY SHOT』(翻訳) フィルムアート社(1996/11)ISBN 978-4845996636

出演[編集]

  • 『日経トレンディネット』 インタビュー (2015年5月18日)
  • 『LA Weekly』 Anime Expo2014にてインタビュー(英文) (2014年7月7日
  • 『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO・MORNING INSIGHT』 ゲスト出演 (2014年4月1日)
  • 『東洋経済オンライン』 一橋大学教授楠木建氏、東京大学新聞社オンライン編集部との対談 (2014年6月13日)
  • 『DREAM GATE インタビュー企画「起業の卵」』 (2014年3月25日) 
  • 『ダイヤモンドオンライン』 インタビュー (2015年3月6日)
  • 『日経エンタテインメント! 2014年4月号 対談企画』 (2014年3月4日)
  • 『DREAM GATE・MY BEST LIFE 挑戦する生き方』 インタビュー (2010年10月1日)
  • 『がっちりマンデー!!』 (2010年7月18日)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]