大日通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大日通(だいにちどおり)は兵庫県神戸市中央区町名。現行行政地名は大日通一丁目から大日通七丁目。郵便番号は651-0064。

地理[編集]

葺合区域東端南部に位置し、東西に長い。住宅商業地域。東から順に一~七丁目が置かれる。東は灘区原田通、南は割塚通、西は神若通、北は宮本通に隣接する。大日商店街があり、一丁目に県営住宅大日高層団地・王子南公園、七丁目に大日公園がある。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

大正5年(1916年)に神戸市葺合町の一部から成立。町名は明治43年の地籍図にある大日という小字名から。字大日の由来は、『神戸の町名 改訂版』によれば、滝勝寺が栄えていたころ大日寺という末寺があったからとも、大日如来を祀ったお堂があったからとも[1]

沿革[編集]

はじめ神戸市、昭和6年(1931年)より同市葺合区、昭和55年(1980年)より同市中央区に所属。

人口統計[編集]

  • 平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数717、人口1,422、うち男性684人、女性738人[2]
  • 昭和63年(1988年)の世帯数961・人口2,339[3]
  • 昭和35年(1960年)の世帯数1,074・人口3,790[3]
  • 大正9年(1920年)の世帯数692・人口2,749[3]

出身・ゆかりのある人物[編集]

自宅が大日通2丁目にある[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸史学会 2007
  2. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1988
  4. ^ a b 議員名簿(中央区)、神戸市会公式サイト。

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6
  • 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川書店、1988年。ISBN 978-4040012803