明石町 (神戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 中央区 > 明石町

明石町(あかしまち)は兵庫県神戸市中央区町名郵便番号650-0037。

地理[編集]

神戸外国人居留地の西から2番目の道路沿いにあたる。北は三宮町、東は播磨町、南は海岸通、南西は前町、西は西町。丁目には分かれない。

商業地域。 『角川日本地名大辞典』によれば大丸神戸店、三菱銀行神戸ビル、住友生命神戸ビル、泰和ビル(フィリピン共和国総領事館)などがあったという。また、明海ビル(震災により倒壊)、日本毛織、大丸南1号別館など近代建築が残っていたという。[1]


歴史[編集]

明石町とは元々居留地を南北に走る道路うち西から2番目の筋で、道幅11.7m、長さ325.8m。名前は有名な地名明石市に因んでおり、これは居留地の他の町と同様に著名な地名から付けられた。通りの名が行政上の町名として使用されるのは明治32年(1899年)の条約改正によって居留地が返還された後で、それまでは「居留地○番地」といった風に呼んでいた。

人口統計[編集]

  • 平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数2、人口2、うち男性2人、女性0人[2]
  • 昭和63年(1988年)の世帯数6・人口6[1]
  • 昭和35年(1960年)の世帯数2・人口3[1]
  • 大正9年(1920年)の世帯数11・人口45[1]
  • 明治34年(1901年)の戸数10・人口49[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三 1988
  2. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6
  • 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川書店、1988年。ISBN 978-4040012803