葺合町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 中央区 > 葺合町

葺合町(ふきあいちょう)は兵庫県神戸市中央区町名郵便番号は651-0058。

地理[編集]

旧・葺合区北部の山岳地帯。市街化調整区域にして文化環境保存区域であり、山間部に住宅が点在する。

東は北から順に、灘区摩耶山町岩屋原田、南は東から順に神仙寺通中島通中尾町熊内町、西は神戸港地方、北は北区山田町下谷上

住居表示未実施であり、小字名にキイキ谷、ヒジリ谷、神仙寺山、西谷、神春日野、中春日野、十合、東野、奥滑谷、熊山、滝寺山、古輪谷、教ノ尾、寺ケ谷、布引山、口円光坊、奥円光坊、中城山、上城山、下城山、堀切、鉄砲塚など。『神戸の地名 改訂版』によれば小字は古代以来勢力を誇った滝勝寺や中世の山城・滝山城に因むという[1]

世継山や古代から歌に詠まれた名勝布引の滝生田神社が祀られていたと伝えられる砂山(いさごやま、別名・丸山)が見られる。砂山の発掘調査では弥生時代中期の土器が発掘されたが、祭祀遺物よりも生活遺物が圧倒的に多く、高地性集落といわれる。

歴史 [編集]

明治32年(1899年)、大字葺合(旧・葺合村域)のうち、区画整理が進んでいなかった新生田川以東に付けられた。その後平野部は全て市街化し新町名が付いて、葺合町の指す範囲は山岳部のみとなった。

人口統計[編集]

平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数260、人口505、うち男性222人、女性283人[2]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6
  • 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川書店、1988年。ISBN 978-4040012803