北本町通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 中央区 > 北本町通

北本町通(きたほんまちどおり)は兵庫県神戸市中央区町名。現行行政地名は北本町通一丁目から北本町通六丁目。郵便番号は651-0075。

地理[編集]

旧・葺合区中央南寄り、旧・西国街道北側に位置する。住宅・商店・工場の混在地域で、集合住宅が建ち並ぶ。

東は脇浜町、南は南本町通、西は生田川を挟み(新生田川橋=国道2号他1橋で接続)小野柄通、北は国道2号を挟み吾妻通。東から順に一~六丁目が置かれる。

歴史[編集]

明治34年(1901年)、神戸市葺合町の一部から成立。区制施行まで「葺合」を冠して葺合北本町通とされていた。昭和6年(1931年葺合区、昭和55年(1980年中央区に属す。町名は旧・西国街道の北側に位置した事により、『神戸の町名 改訂版』では「往還沿いということで、当時新しく町名を付けられた地区の中では、家も古くから集中していたことを反映させたのだろう」としている[1]

  • 明治38年(1905年)、阪神本線が付近に開通し、人口増が促進される。
  • 明治42年(1909年)、賀川豊彦が六丁目の長屋で社会事業を始める。
  • 明治43年(1910年)、神戸電気鉄道(後の神戸市電)の春日野道~兵庫駅間が開通。
  • 昭和10年(1935年)、市電東部国道線開通。
  • 昭和43年(1968年)、市電東部国道線廃止。

人口統計[編集]

  • 平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数750、人口1,474、うち男性704人、女性770人[2]
  • 昭和63年(1988年)の世帯数740・人口2,072[3]
  • 昭和35年(1960年)の世帯数534・人口1,863[3]
  • 大正9年(1920年)の世帯数1,147・人口5,076[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6
  • 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川書店、1988年。ISBN 978-4040012803