大和守安定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大和守 安定(やまとのかみ やすさだ)は江戸時代武蔵国刀工新刀上々作にして良業物

作った刀は切れ味がいいことから幕末に人気を博したとされる[1]

概要[編集]

紀伊国石堂派出身[2]。俗名冨田宗兵衛[2]

彼の刀に石堂の作風は見当たらない物が多く、石堂出身でありながら康継一門と相当密接な関係があったといわれる。初代康継の門人であったと言われているが、安定の作刀銘より考えて生年は元和4年(1618年)であり[1]、初代康継が没したのが元和7年(1621年)であるから、初代康継と師弟関係が成立する事は考えにくい。

ただ、小笠原信夫は著書「長曽祢乕徹新考」において、康継一門よりは上総介兼重和泉守兼重と深い関わりがあったとしている。

安定の刀は茎に裁断銘が多くあり切れ味がよかった。山野加右衛門永久江戸幕府始まって以来五つ胴を切ったとされる刀もある。遊撃隊伊庭八郎新撰組大石鍬次郎沖田総司が使っていたといわれる。作風としては、虎徹と似る(一説には兄弟弟子。大和守安定の方が年紀は早い)。

慶安2年(1649年)ごろ、江戸神田白銀町に移住し鍛刀。明暦元年(1655年)に伊達家より仙台に招かれ、徳川家康命日仙台東照宮に一振り、伊達政宗の命日に瑞鳳殿に一振り、安定とその弟子達の合作である脇差が奉納刀として収められている。瑞鳳殿の奉納刀は戦後、伊達家より改めて瑞巌寺に奉納されている。

また、大和守安定の弟子である安倫はその後、仙台で刀工として明治時代まで続いている。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 得能一男 『刀工大鑑 決定版』 (初版) 光芸出版、2004年7月20日、672頁。ISBN 4-7694-0119-1NCID BA68243970 
  2. ^ a b 得能一男 『日本刀図鑑 保存版』 (初版) 光芸出版、2007年7月20日、115頁。ISBN 978-4-7694-0119-1NCID BA83306158