大久保立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大久保立

大久保 立(おおくぼ たつ、1871年6月9日(明治4年4月22日[1])- 1941年昭和16年)2月4日[1])は、日本の海軍軍人政治家華族。最終階級は海軍造船中将貴族院子爵議員。旧名・三枝(みつえ)[1]

経歴[編集]

旗本静岡藩士大久保忠寛の三男として生まれる[2]。兄大久保業の死去に伴い、1890年8月7日、家督を相続し子爵を襲爵[1][3]1898年4月、グラスゴー大学造船課を卒業し、1899年1月に帰国した[1]

1899年2月14日、海軍造船少技士に任官し呉造船廠造船科主幹に就任[1]。以後、横須賀造船廠造船科主幹、兼海軍大学校教官、横須賀海軍工廠造船部部員、江都丸乗組、関東丸乗組、横須賀工廠造船部部員、関東丸工作長、舞鶴海軍工廠造船部長心得などを経て、1912年12月1日、海軍造船大監に昇進し舞鶴工廠造船部長に就任[1][4]佐世保海軍工廠造船部長を務め、1918年12月1日、海軍造船総監に進み横須賀工廠造船部長となる[1][4]1919年9月23日、海軍武官官階表の改正により海軍造船少将と改称され、艦政本部出仕を経て、1922年12月1日、海軍造船中将に昇進と同時に待命となる[1][4][5]1923年3月31日予備役1933年4月22日後備役を経て、1938年4月22日に退役した[1]

1925年7月14日、貴族院子爵議員に選出され[6]研究会に所属して活動し死去するまで在任[7]。その他、資源審議会委員、液体燃料委員会委員、学習院評議会議員などを務めた[1][7]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本海軍史』第9巻、557頁。
  2. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、284頁。
  3. ^ 『官報』第2133号、明治23年8月8日。
  4. ^ a b c 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』337頁。
  5. ^ 『日本海軍将官辞典』76-77頁。
  6. ^ 『官報』第3869号、大正14年7月16日。
  7. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』39頁。
  8. ^ 『官報』第3893号「叙任及辞令」1896年6月22日。

参考文献[編集]

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第9巻、第一法規出版、1995年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
大久保業
子爵
大久保(忠寛)家第3代
1890年 - 1941年
次代:
大久保寛一