垂水駅 (鹿児島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
垂水駅
たるみず
Tarumizu
浜平 (2.5km)
(3.2km) 海潟温泉
所在地 鹿児島県垂水市田神32番地
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 大隅線
キロ程 61.6km(志布志起点)
電報略号 タル
ホーム 1面2線
開業年月日 1961年(昭和36年)4月13日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月14日
テンプレートを表示

垂水駅(たるみずえき)は、鹿児島県垂水市田神32番地にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)大隅線廃駅)である。大隅線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月14日に廃駅となった。

廃止時の構造[編集]

  • 志布志起点61.6Km。
  • 島式1面2線のホームを有する、列車交換が可能な駅であった。
  • 垂水市の中心駅ながら、素朴な木造の駅舎を持っていた。
  • 委託駅であった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1961年(昭和36年)4月13日 - 一般駅として開業。
  • 1987年(昭和62年)3月14日 - 大隅線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
大隅線
浜平駅 - 垂水駅 - 海潟温泉駅

現状[編集]

垂水鉄道記念公園(2007年撮影)
  • 跡地は垂水鉄道記念公園となっている。車輪2個、プラットホームの一部、レール、踏切遮断機などが設置されており、この他機関車を模した遊具(アスレチックもSL型たるみず号)が設置されている。

関連項目[編集]