下小原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
下小原駅
駅跡(2007年撮影)
駅跡(2007年撮影)
しもおばる
Shimoobaru
串良 (2.2km)
(2.5km) 大隅高山
所在地 鹿児島県鹿屋市串良町下小原
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 大隅線
電報略号 モオ
開業年月日 1921年(大正10年)
廃止年月日 1987年(昭和62年)
備考 *廃止当時は串良町
テンプレートを表示

下小原駅(しもおばるえき)は、かつて鹿児島県肝属郡串良町下小原(現在の鹿屋市)に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)大隅線廃駅)である。大隅線の廃止に伴い、1987年昭和62年)3月14日に廃駅となった。

廃止時の構造[編集]

  • 起点の志布志駅から、19.0 kmの地点にあった。
  • 1面1線の単式ホームを有する、列車交換不能駅であった。
  • 無人駅であった。

歴史[編集]

  • 1921年(大正10年)8月11日 - 大隅鉄道の駅として開業、762 mm軌間。
  • 1935年(昭和10年)6月1日 - 鉄道省が大隅鉄道を買収し、国鉄古江線の駅となる。
  • 1936年(昭和11年)10月23日 - 古江線の線名改称により、古江西線の駅となる。
  • 1938年(昭和13年)10月10日 - 古江西線の1,067 mmへの改軌工事が完了し、古江東線と古江西線を合わせて古江線とする。
  • 1947年(昭和22年)4月20日 - 小手荷物の取り扱いを開始[1]
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 無人駅化。
  • 1967年(昭和42年)9月9日 - 志布志駅 - 国分駅間全通に伴い、古江線が大隅線に改称され、大隅線の駅となる。
  • 1987年(昭和62年)3月14日 - 大隅線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
大隅線
串良駅 - 下小原駅 - 大隅高山駅

現状[編集]

  • 下小原鉄道記念公園となっている。空き地に車輪が1つと記念碑が置かれているだけである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「運輸省告示第100号」『官報』1947年4月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

  • 串良町教育委員会社会教育課『串良町郷土誌』 2005年

関連項目[編集]