金剛寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金剛寺駅
駅跡(志布志駅方面から国分駅方面を望む)
駅跡(志布志駅方面から国分駅方面を望む)
こんごうじ
Kongoji
銅田 (1.9km)
(2.0km) 国分
所在地 鹿児島県国分市中央2丁目
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 大隅線
キロ程 96.3km(志布志起点)
電報略号 コシ
ホーム 1面1線
開業年月日 1972年(昭和47年)
廃止年月日 1987年(昭和62年)
備考 廃止当時は国分市
テンプレートを表示

金剛寺駅(こんごうじえき)は、かつて鹿児島県国分市中央2丁目(現在の霧島市国分中央2丁目)に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)大隅線廃駅)である。大隅線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月14日に廃駅となった。

廃止時の構造[編集]

  • 志布志起点96.3km。
    • 国分市内(現霧島市)に入り、駅間の距離がかなり詰まっている。
  • 1面1線の単式ホームを有する、列車交換不能駅であった。
  • 駅舎はなく、ホームとその上の待合所のみの駅であった。
  • 無人駅であった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1972年(昭和47年)9月9日 - 海潟温泉 - 国分間の延伸開業(大隅線の全線開通)と同時に、新設。
  • 1987年(昭和62年)3月14日 - 大隅線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
大隅線
銅田駅 - 金剛寺駅 - 国分駅

廃止後の現状(2009年現在)[編集]

  • 駅跡地は一般道と化し、跡形は全く残っておらず、石碑なども建立されていない。

関連項目[編集]