坪井信道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坪井 信道
(つぼい しんどう)
生誕 寛政7年1月2日1795年2月20日
日本の旗 日本 美濃国池田郡脛永村
死没 (1848-12-03) 1848年12月3日(53歳没)
日本の旗 日本
研究分野 蘭医学
研究機関 安懐堂
日習堂
補足
旧暦での没年月日は嘉永元年11月8日
プロジェクト:人物伝

坪井 信道(つぼい しんどう、寛政7年1月2日1795年2月20日)- 嘉永元年11月8日1848年12月3日))は、江戸時代後期の蘭医。父は坪井信行美濃国池田郡脛永村(現・岐阜県揖斐郡揖斐川町)の出身。家伝に岐阜中納言織田秀信の5世の孫、織田信長の7世の孫という。

幼くして両親をなくし、各地を巡ってはじめは東洋医学を学んだが、文政3年(1820年)に江戸へ出て宇田川榛斎に蘭医学(西洋医学)を学んだ。文政12年(1829年)、江戸深川に安懐堂、天保3年(1832年)に江戸冬木町に日習堂という家塾を開いた。天保8年(1837年)には長州藩の藩医に登用されている。

著書に『診侯大概』、翻訳書に『製煉発蒙』、『万病治準』、『扶歇蘭杜神経熱論』がある。実子に二世信道となった信友、養子に幕府奥医師・信良がある。門下生には、緒方洪庵青木周弼川本幸民杉田成卿黒川良安らがいる。

家族・親族[編集]

  • 坪井信良(1823年 - 1904年):蘭方医、幕府奥医師。お玉ケ池種痘所の開設に携わる。信道の女婿。
  • 坪井正五郎(1863年 - 1913年):人類学者、考古学者。信良の長男で信道の孫。妻は蘭学者・箕作秋坪の長女。
  • 坪井誠太郎(1893年 - 1986年):地質学者、岩石学者。正五郎の長男で信道の曾孫。妻は天文学者・平山信の長女。
  • 坪井忠二(1902年 - 1982年):地球物理学者、地震学者。正五郎の次男で信道の曾孫。妻は医学者・島薗順次郎の長女。
  • 坪井正道(1925年 - ):物理化学者。誠太郎の長男で信道の玄孫。妻は法学者・中川善之助の次女。