青木周弼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青木 周弼(あおき しゅうすけ、享和3年1月3日1803年1月25日) - 文久3年12月16日1864年1月24日))は、蘭方医周防国大島郡和田村の村医青木玄棟の長子、名は邦彦、号は月橋、字は周弼。

初め、長州藩医の能美洞庵に医学と儒学を師事。18歳で大坂、30歳で江戸に行き、深川の坪井信道にオランダ語、臨床医を学び、その縁で宇田川榛斎にも師事した[1][2]。同門に緒方洪庵がいる。弟の青木研蔵と長崎にシーボルトに教授を受けにも行った。

1839年に長州藩医、1842年、周防医学所の教授蘭学掛になった。また、医学校の好生館設立に尽力、1855年に御側医に昇進した。研藏とともに藩内に種痘をし、コレラ治療に貢献した。門人も多く、村田清風とも交流を持ち、晩年は江戸で西洋医学所頭取就任の要請を固辞した。

著書に「袖珍内外方叢」、「察病論」など。 山口県萩市南古萩町にある青木周弼の旧宅は、当時の様子をよく残しており、萩市により公開されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青木周弼・研蔵生誕の地”. 周防大島町. 2010年3月3日閲覧。
  2. ^ 萩市観光課 (2009年10月23日). “青木周弼旧宅”. 萩市. 2010年3月3日閲覧。