坊城俊樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坊城 俊樹(ぼうじょう としき、1957年7月15日 - )は、日本俳人

経歴・人物[編集]

東京都出身。母方の曾祖父・高浜虚子、祖父・高浜年尾、父・坊城としあつ、母・坊城中子がともに俳人という俳句一家に生まれる。また、旧華族坊城家の流れを汲んでおり、父方の曾祖父・坊城俊章、祖父・坊城俊賢はともに貴族院議員である。

学習院大学経済学部卒。祖父・年尾のもとで俳句をはじめる。損害保険会社に勤めたのち、1988年に俳句協会に転身。1998年、第9回日本伝統俳句協会新人賞を受賞。2003年から2年間NHK俳壇選者。2011年、母・中子に譲られ「花鳥」主宰。「ホトトギス」同人。日本伝統俳句協会理事・事務局長を務める。句集に『零』『あめふらし』、他の著書に『切り捨て御免』『50歳からはじめる俳句・川柳・短歌の教科書』(東直子やすみりえ共著)など。

参考文献[編集]

  • 稲畑汀子 編 『ホトトギスの俳人101』 新書館、2010年
  • 宇多喜代子 『戦後生まれの俳人たち』 毎日新聞社、2012年

外部リンク[編集]