坂野正高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂野 正高(ばんの まさたか、1916年6月26日 - 1985年7月10日)は、日本歴史学者。専門は、中国政治外交史。

ニューヨーク市生まれ。東京帝国大学法学部卒業。東京帝国大学東洋文化研究所助手(1943年 - 1948年)、東京都立大学講師・助教授・教授(1948年 - 1967年)、東京大学法学部教授(1967年 - 1977年)、国際基督教大学教授(1977年 - 1985年)を務めた。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • China and the West, 1858-1861: the Origins of the Tsungli Yamen, (Harvard University Press, 1964).
  • 『近代中国外交史研究』(岩波書店, 1970年)
  • 『現代外交の分析――情報・政策決定・外交交渉』(東京大学出版会, 1971年)
  • 『近代中国政治外交史――ヴァスコ・ダ・ガマから五四運動まで』(東京大学出版会, 1973年)
  • 『イメージの万華鏡――私の米国・日本・中国体験』(筑摩書房, 1982年)
  • 『中国近代化と馬建忠』(東京大学出版会, 1985年)

共著[編集]

  • Japanese Studies of Modern China: A Bibliographical Guide to Historical and Social-science Research on the 19th and 20th Centuries, with John King Fairbank, (Charles E. Tuttle, 1955).

共編著[編集]

  • 衛藤瀋吉)『中國をめぐる國際政治――影像と現実』(東京大学出版会, 1968年)
  • 田中正俊・衛藤瀋吉)『近代中国研究入門』(東京大学出版会, 1974年)

訳書[編集]