田中正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 正俊(たなか まさとし、1922年11月14日 - 2002年11月4日)は、中国史東洋史学者、東京大学文学部名誉教授。

台湾台南市生まれ。40年東京府立第九中学校卒、43年第一高等学校文科卒、10月東京帝国大学文学部東洋史学科入学、12月学徒出陣で敦賀歩兵連隊に入営、44年9月航空兵に転じ、シンガポール第三航空軍へ向け大阪港を出港するが、10月空襲のためフィリピン戦線のマニラに上陸、12月再度シンガポールへ向かうが敵襲にあい台湾高雄港に避難、45年3月台湾の第八航空師団に転属、台北松山飛行場に勤務、敗戦を迎え46年2月和歌山県田辺港に帰還。復学し、50年東大卒、大学院に進み、51年東洋文庫兼任研究員。54年大学院を退学、横浜市立大学文理学部専任講師、55年助教授、1967年東大文学部東洋史学科助教授、73年教授、81年東洋文庫理事、1983年東大を定年退官、名誉教授、信州大学人文学部教授、85年人文学部長、1988年神田外語大学外国語学部教授、1995年に退職した。 中国近代史が専門。

熊沢善庵は祖父。

著書[編集]

  • 『中国近代経済史研究序説』東京大学出版会, 1973
  • 『戦中戦後』私家版, 1990
  • 『東アジア近代史の方法 歴史に学ぶ』名著刊行会, 1999
  • 『田中正俊歴史論集』汲古書院, 2004

共編著[編集]

  • 歴史像再構成の課題 歴史学の方法とアジア 幼方直吉,遠山茂樹 御茶の水書房, 1966
  • 近代中国研究入門 坂野正高,衛藤瀋吉共編 東京大学出版会, 1974

参考[編集]

  • 『田中正俊歴史論集』附載の略年譜