地球最後の日 (EW&Fのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地球最後の日
アース・ウィンド・アンド・ファイアースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル R&B
レーベル コロムビア/レガシー
プロデュース ジョー・ウィザート
専門評論家によるレビュー
アース・ウィンド・アンド・ファイアー アルバム 年表
愛の伝道師
(1972)
地球最後の日
(1972)
ヘッド・トゥ・ザ・スカイ
(1973)
ミュージックビデオ
「Time Is On Your Side」 - YouTube
「Make It With You」 - YouTube
「Where Have All the Flowers Gone」 - YouTube
テンプレートを表示

地球最後の日』(Last Days and Time)は、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのスタジオ・アルバム。ワーナーからコロムビアに移籍してからの第1弾。

初期のワーナー期より、体制を変えた時期であり、歌手にフィリップ・ベイリー、ギタリストにアル・マッケイを迎えた、ジャズ・ファンクの要素が強いアルバム。

ジャケットの絵はマティ・クラーワイン[1]

最高時、ビルボードR&Bチャート2位、ポップチャート27位。

デジタル・リマスター版(DSDマスタリング)も発表されている。

収録曲[編集]

#タイトル作詞・作曲時間
1.「"Time is on Your Side"」(光り輝く時代)M. White/V. White/R. Bautista
2.「"Interlude"」 
3.「"They Don't See"」(愛の篝火)M. Davis
4.「"Interlude"」 
5.「"Make It With You"」(二人の架け橋)D. Gates
6.「"Power"」(全能なる力)M. White
7.「"Remenber the Children"」(未来を呼ぶ子供達)M. White/V. White/R. Bautista
8.「"Interlude"」 
9.「"Where Have All the Flowers Gone"」(花はどこへ行ったの)P. Seeger
10.「"I'd Rather Have You"」(永遠なる愛)S. Scaborough
11.「"Mom"」(母胎回帰)M. White/V. White

脚注[編集]

外部リンク[編集]