地域党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 ウクライナ政党
地域党
Партія регіонів
   
総裁 ミコラ・アザロフ
成立年月日 1997年10月26日
本部所在地  ウクライナキエフ
最高議会
0 / 423   (0%)
(2014年10月30日)
党員・党友数
140万
政治的思想・立場 中道主義[1]
地域主義[1][2]
汎スラヴ主義
親露[3]
包括政党[4][5][6]
欧州懐疑主義[1][7]
公式サイト «Партия Регионов»
中国共産党[8]統一ロシアと協力。
テンプレートを表示

地域党(ちいきとう、ウクライナ語: Партія регіонівロシア語: Партия регионов)は、ウクライナ親露派の政党

概要[編集]

1997年10月26日に創立。第2代ウクライナ大統領レオニード・クチマを支援するための政治組織として創設され、2002年の議会選挙では政党連合「統一ウクライナ」に加わった。党員にはソ連系の官僚国家公務員、ウクライナの東南部の実業家、地方自治体の行政官とそれらの子孫が多い。総裁はミコラ・アザロフウクライナ東部のロシア住民を主な支持基盤とし、親露的な外交政策を主張していた。

2014年ウクライナ騒乱では反政権デモの混乱の中で2月22日に地域党からは数十人の国会議員が離党をし、連立を組んでも過半数を維持できない状態に陥り、野党に転落した。2月23日、地域党はウクライナから逃亡したヤヌコーヴィチ元大統領について「卑怯な逃亡」「人命の損失、尽き果てた国庫、莫大な債務、ウクライナ国民と世界から見た恥」と決別を宣言した。

2014年ウクライナ最高議会選挙にも参加せず、事実上の活動停止状態にある。一部の議員は野党ブロック党強力なウクライナ党などを立ち上げたり、無所属として活動している。

選挙[編集]

2004年の支持率(大統領選挙)
2006年の支持率(最高議会選挙)
2007年の支持率(最高議会選挙)
2010年の支持率(大統領選挙)

政綱[編集]

内政[編集]

外交[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Nordsieck, Wolfram (2014年). “Ukraine” (英語). Parties and Elections in Europe. 2019年5月5日閲覧。
  2. ^ Barrington, Lowell (2006), After Independence: Making and Protecting the Nation in Postcolonial and Postcommunist States, University of Michigan Press, p. 205, ISBN 978-0472068982, https://books.google.com/books?id=pyWpKKlukLcC&pg=PA205&dq=#v=onepage&q&f=false 
  3. ^ “Viktor Yanukovych's party claims victory”. The Economist. (2012年10月29日). https://www.economist.com/blogs/easternapproaches/2012/10/ukrainian-politics-1 2019年5月5日閲覧。 
  4. ^ Bader, Max (2010) (英語). Against All Odds: Aiding Political Parties in Georgia and Ukraine. Vossiuspers UvA. p. 82. ISBN 978-9056296315. https://books.google.com/books?id=uD-9tyD2KrMC&pg=PA82 2019年5月5日閲覧。. 
  5. ^ Skumin, Andriy (15 September, 2012). “Strange Familiar Faces”. The Ukrainian Week. https://ukrainianweek.com/Politics/60083 2019年5月5日閲覧。. 
  6. ^ Kalynchuk, Dmytro (10 March, 2011). “Ideological Splits”. The Ukrainian Week. https://ukrainianweek.com/Politics/17910 2019年5月5日閲覧。. 
  7. ^ Arsenyi Svynarenko (2014年8月29日). “Ukraine's political landscape is shifting”. Politiikasta.fi. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月28日閲覧。
  8. ^ http://sd.net.ua/2011/04/18/partiya-regionov-china-dogovor.html
  9. ^ “ウクライナ議会選、与党が第1党の座を守る”. 読売新聞. (2012年11月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121112-OYT1T00893.htm 2012年11月13日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ a b c d e f g h i j k 2012年度の地域党の政綱

外部リンク[編集]