地域ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地域ブロック(ちいきぶろっく)とは、国土地域をいくつかに区分した場合の、それぞれのまとまりを指す。

概要[編集]

日本の地域ブロック

日本の地域ブロックの例として、地理学習分野においては全国を北海道地方東北地方関東地方中部地方近畿地方中国・四国地方九州地方、沖縄地方とした8区分が主に用いられている[1]

地域ブロックの区分には、東日本西日本など地理的なものから、歴史的側面に着目したもの(中部地方が北陸地方東海地方甲信越地方と3区分されることがある)、文化的経済的、環境的側面に着目したもの(中京大都市圏を核とする3県が東海3県と呼ばれ、さらに静岡県長野県をあわせると中部五県という。また関東地方に新潟県・山梨県・長野県の3県を加えて関東甲信越地方と呼んだり、さらにそこに静岡県を含めて広域関東圏と呼ばれることもある)などがあり、省庁出先機関の管轄区域も統一されていない。

近年では、これらの地域ブロックを念頭に置きながらも、既存の枠組みにとらわれず実情に則して、幅広く道州制が議論されている。

脚注[編集]

  1. ^ 文部科学省『中学校学習指導要領解説 社会編 (PDF) 』2008年、49頁。