国場幸太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こくば こうたろう
国場 幸太郎
Kotaro Kokuba.jpg
国場幸太郎
生誕 (1900-12-19) 1900年12月19日
沖縄県国頭郡国頭村
死没 (1988-08-02) 1988年8月2日(87歳没)
出身校 高等小学校
職業 実業家

国場 幸太郎(こくば こうたろう、1900年12月19日 - 1988年8月2日)は、沖縄県出身の昭和実業家国場組創業者で、沖縄県商工会議所連合会長などを歴任。具志堅宗精・宮城仁四郎・大城鎌吉とともに「沖縄財界四天王」と称される[1]

経歴・人物[編集]

国場幸直・ツル夫妻の長男として、沖縄県国頭郡国頭村で生まれる。高等小学校卒業後、12歳で大工見習の奉公に出て、17歳で棟梁となる。宮古島に渡り、20歳の時に城辺村 (現・宮古島市)の福嶺小学校の校舎再建を手がけたのが最初の請負工事であった。

2年間、兵役熊本工兵隊に勤め、1923年に除隊後、上京する。同年は関東大震災により空前の復興需要で沸いており、国場は安藤組鹿島組大林組で働いた。1931年に弟の幸吉・幸裕とともに3人の名義で沖縄県で国場組を設立して公共工事を中心に請け負い、後に小禄飛行場(現・那覇空港)や読谷飛行場の建設を手がけた。

熊本で終戦を迎えた国場は、1946年密航して沖縄本島に戻り、同年12月、米軍の港湾荷役作業を始める。1950年に建設業を再開し、以後、米軍基地や民間・官庁の建設工事を請け負う。映画観光海運にも進出し、1968年に国場組を株式会社に改組し、同社社長および国場一族で占める17社からなる「国和会」の総帥となった[2][3]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 上』
  2. ^ コトバンク
  3. ^ コトバンク

参考文献[編集]