具志堅宗精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
具志堅宗精(1959年頃に撮影)

具志堅 宗精(ぐしけん そうせい、1896年8月22日 - 1979年12月29日)は、戦前の沖縄県警察官で、宮古民政府政治家実業家として著名で、沖縄の地ビールとして名を馳せるオリオンビールの創業者である。沖縄県那覇市出身。

経歴[編集]

明治29年(1896年)8月22日生まれ。島尻農学校を中退後、1918年22歳で大阪に渡り造船所で働く[1]。その後200円を貯めて沖縄に戻り沖縄県警察部に入職する。沖縄戦までに沖縄県内の警察署長を歴任する。

那覇警察署の署長時代の1945年沖縄戦で米軍が上陸、6月に米軍に包囲され、具志堅は部下を投降させ自分は自決しようとしたが持っていた拳銃の引金を引いたが不発に終わり、具志堅も投降し捕虜になった[2]

戦後は沖縄民政府の知念地区警察署長を務めた後退官し、宮古民政府知事に就任した。

退職後は実業界に入り、1950年に具志堅醤油合名会社(現在の株式会社赤マルソウ)を設立し、1957年には沖縄ビール株式会社(現在のオリオンビール株式会社)を創業する[3]。そして、ビールの県内シェア1位を占めることに成功する。

昭和35年(1960年)、沖縄整肢療護園(現、沖縄南部療育医療センター)初代園長就任。

また社会福祉事業にも貢献し、沖縄社会福祉協議会の会長を1958年から昭和54年(1979年)までの20年間在任した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐野『畸人巡礼怪人礼讃 新忘れられた日本人2』63頁。
  2. ^ 佐野『畸人巡礼怪人礼讃 新忘れられた日本人2』65頁。
  3. ^ “オリオンビール創立60年 地場製造を代表 世界市場目指す”. 琉球新報. (2017年5月17日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-497210.html 2018年3月1日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 具志堅宗精『なにくそ、やるぞ』(琉鵬会 1965)
  • 具志堅宗精『なにくそ、やるぞ(続)』(琉鵬会 1969)
  • 具志堅宗精『なにくそ、やるぞ(続続)』(琉鵬会 1977)
  • 『伝説のオリオンハット』(具志堅宗精生誕100年記念誌刊行委員会 1997)
  • 佐野眞一『畸人巡礼怪人礼讃 新忘れられた日本人2』毎日新聞社、2010年。ISBN 4620319945