四方修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四方 修(しかた おさむ、1930年9月24日 - )は、1984年3月の江崎グリコ社長誘拐事件に端を発する、グリコ・森永事件で捜査の指揮を当たった当時の大阪府警本部長。

人物[編集]

グリコ・森永事件後、総合ビルメンテナンス会社のジャパンメンテナンスの社長を務め、その後同社の親会社で経営再建中の大手スーパーのマイカルの社長に就任し、本格的な経営再建にとりかかり、一時は「浪速のカルロス・ゴーン」といわれた時期があった。現在、一富士債権回収社長。

結婚前の名前は竹岡修で、予備校講師の竹岡広信は甥、元岡山県警本部長、防衛庁元官房長の竹岡勝美香川大学名誉教授の竹岡正夫は実兄。

経歴[編集]

その他[編集]

  • 元大阪府警察本部警備第二課近畿管区警察機動隊連隊副官貝辻正利(元ジャパンメンテナンス特別警備担当室室長、元ジャパンメンテナンス取締役)と交流が深い。