竹岡俊樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹岡 俊樹(たけおか としき、1950年 - )は、日本の考古学者。共立女子大学非常勤講師。

来歴・人物[編集]

京都府生まれ。父は国文学者の竹岡正夫[1]。1973年明治大学文学部考古学専攻卒業、1980年筑波大学大学院博士課程単位取得退学、1984年パリ第6大学博士課程修了、博士号取得。

石器の形態に関する科学的分析を専門とし、藤村新一による旧石器捏造事件において、捏造発覚前から疑問を提示していたが、現場から締め出された。捏造発覚後も専任職はなく、考古学界の閉鎖的体質を批判している。

著書[編集]

  • 『石器研究法』言叢社 1989
  • 『日本民族の感性世界 考古学から文化分析学へ』同成社 1996
  • 『「オウム真理教事件」完全解読』勉誠出版 1999
  • 『図説日本列島旧石器時代史』勉誠出版 2002
  • 『石器の見方』勉誠出版 2003
  • 『旧石器時代の型式学』学生社 2003
  • 『前期旧石器時代の型式学』学生社 2005
  • 『日本の旧石器時代講談社選書メチエ 2011
  • 『旧石器時代文化研究法』勉誠出版、2013 
  • 『石器・天皇・サブカルチャー 考古学から解く日本人の現実』勉誠出版、2014 
  • 『考古学崩壊 前期旧石器捏造事件の真相』勉誠出版、2014 

雑誌記事[編集]

  • 旧石器捏造「神の手」だけが悪いのか--閉鎖的な考古学界で私はひとり疑問の声を挙げた「文藝春秋」2003年5月

[編集]

  1. ^ 『石器・天皇・サブカルチャー』あとがき