名馬物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名馬物語』(めいばものがたり)は、関西テレビ他で放送されていたテレビ番組

構成[編集]

日本中央競馬会に所属し、顕著な成績を残したか、ファンの記憶に残る競走馬にスポットを当て、関西テレビが保管していたレースビデオ・フィルムをもとに、戦績や当時のエピソードなどを織り交ぜて放送していた。

監修は杉本清。コメンテーターとしても出演した。

第1シリーズ[編集]

1992年平成4年)3月から同年12月にかけて、全37回が放送された。昭和から平成にかけて活躍した馬を取り上げていた。ナレーターは石巻ゆうすけ(関西テレビアナウンサー)。BGMにはジャズの名曲を使用していた。

毎週原則として1頭の馬を取り上げていたが、2頭を取り上げた回もある。トウショウボーイについては、放送後の1992年9月18日に蹄葉炎の悪化によって安楽死の措置が執られたため、追悼番組として新たに編集した上で放送された。

本シリーズ中、23回分がポニーキャニオンから発売されたビデオに収録された。

第1シリーズで取り上げられた馬[編集]

第2シリーズ[編集]

1996年(平成8年)10月から同年12月にかけて、全12回が放送された。このシリーズでは、昭和末期から平成の時代に活躍した馬を取り上げていた。ナレーターは豊田康雄(関西テレビアナウンサー)。

本シリーズで取り上げられた馬は、第1シリーズと同様にポニーキャニオンから発売されたビデオに収録された。

第2シリーズで取り上げられた馬[編集]

関連項目[編集]