吉田集而

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉田 集而(よしだ しゅうじ 1943年8月14日 - 2004年6月22日)は日本文化人類学者薬学博士。元国立民族学博物館教授。

経歴[編集]

京都府出身。京都大学薬学部を経て、同大学院薬学研究科修士課程・博士課程修了。国立民族学博物館助手、助教授、同博物館地域研究企画交流センター教授、同博物館民族文化研究部教授を歴任。

2001年12月、脳幹出血で倒れて入院。その後は療養生活を続けたが、2004年6月22日に肺炎のため死去。享年60。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『不死身のナイティ―ニューギニア・イワム族の戦いと食人―』(平凡社
  • 『性と呪術の民族誌―ニューギニア・イワム族の「男と女」』(平凡社)
  • 『東方アジアの酒の起源』(ドメス出版
  • 『風呂のエクスタシー―入浴の文化人類学―』(平凡社)

共著[編集]

  • 『アベゼデス・マトリクス』(米山俊直・TaKaRa酒生活文化研究所、TaKaRa酒生活文化研究所・世界文化社

編著[編集]

  • 『生活技術の人類学―国立民族学博物館の記録―』(平凡社)
  • 『眠りの文化論』(平凡社)

共編著[編集]

  • 『酒づくりの民族誌』(山本紀夫八坂書房
  • 『酒と日本文明』(梅棹忠夫弘文堂
  • 『酒がSAKIと呼ばれる日―日本酒グローバル化宣言―』(玉村豊男、TaKaRa酒生活文化研究所・世界文化社)
  • 『眠り衣の文化誌―眠りの装いを考える―』(睡眠文化研究所、冬青社)
  • 『イモとヒト-人類の生存を支えた根栽農耕 その起源と展開』(堀田満印東道子、平凡社)

関連項目・人物[編集]