高田公理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高田 公理(たかだ まさとし、本名・高田康孝 1944年10月1日 - )は、日本の生活文化研究者、前佛教大学教授。武庫川女子大学名誉教授。学術博士。専門分野は、情報文明学、都市文化論、観光文化論。

来歴・人物[編集]

京都市出身。1968年京都大学理学部卒業、広告制作業経営の後、1976年シー・ディー・アイ入社、主任研究員、1982年愛知学泉大学専任講師。1987年教授、1992年武庫川女子大学教授。1999年「生活文化と世相の変容にかんする研究 20世紀日本の高度経済成長期を中心に」で学術博士総合研究大学院大学)、2009年佛教大学教授。2015年定年退職。

著書[編集]

  • 『語り合うにっぽんの知恵』 創元社 2010
  • 『にっぽんの知恵』講談社現代新書 2008
  • 『なぜ「ただの水」が売れるのか 嗜好品の文化論』PHP研究所 2004
  • 『情報快楽都市 街を生かす空間美学』学芸出版社 1991
  • 『「いまどき」の世相学』PHP研究所 1989
  • 『「遊戯化」社会を探検する レトロ現象からエスニック気分まで』PHP研究所 1987
  • 『自動車と人間の百年史』新潮社 1987
  • 『都市を遊ぶ』講談社現代新書 1986
  • 『“流行"の社会学』PHP研究所 1985
  • 『酒場の社会学』PHP研究所 1983(のち文庫)
  • 『あ丶、花のサラリーマン 35才の歳時記』日本経済評論社 1980

共編著[編集]

  • 『ともいきがたり 法然共生フォーラム』創元社 2011
  • 『睡眠文化を学ぶ人のために』(堀忠雄・重田眞義と共編著)世界思想社 2008
  • 『嗜好品文化を学ぶ人のために』(嗜好品文化研究会と共編著)世界思想社 2008
  • 『夢うつつまぼろし 眠りで読み解く心象風景』(北浜邦夫監修、睡眠文化研究所と共編著)インターメディカル 2005
  • 『「新しい旅」のはじまり 観光ルネッサンスの時代』(石森秀三と共編著) PHP研究所 1993
  • 『料理屋のコスモロジー(食の文化フォーラム)』(編著)ドメス出版 2004
  • 『嗜好品の文化人類学』(栗田靖之・CDIと共編著)講談社選書メチエ 2004
  • 『転生する風土 「街」を見つける、「日本」を歩く』(共著)共同通信社 1997
  • 『都市化と食(食の文化フォーラム)』(石毛直道と共編著)ドメス出版 1995