吉田愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
女子セーリング
アジア大会
2018 ジャカルタ 女子470級

吉田 愛(よしだ あい、1980年11月5日 - )は、東京都八王子市出身のセーリング選手(スキッパー)。出生は神奈川県国立音楽大学附属高等学校日本大学卒業。2013年よりベネッセセーリングチーム所属。それ以前はアビームコンサルティング人事部所属。旧姓は近藤。

競技歴[編集]

小学1年生でセーリングを始め、大学時代は全日本学生女子選手権(女子インカレ)3連覇。2006年世界選手権で準優勝。2007年には全日本470級ヨット選手権大会で史上初の女子組による優勝。2008年6月25 - 29日にドイツで行われた五輪前最後の国際大会、キール・ウイークで優勝し、鎌田とのペアが世界ランキング1位になる。鎌田奈緒子とのペアは「コンカマ」と呼ばれた。

2008年北京オリンピックでは、10レース中2レースで1位、それ以外は全て10位以下と好不調の激しく、全19チーム中14位となった。2008年12月に、鎌田は現役を引退した。

鎌田引退後は、田畑和歌子英語版日本経済大学職員)とペアを組み、2012年ロンドンオリンピックでは10レースまで終えて総合14位にとどまり、最終レース進出を逃した。田畑はその後、レーザーラジアル級(シングル)に移った。

2013年度からはアビームコンサルティングを離れ、ベネッセセーリングチームに所属。

デンマークオーフスで開催された2018年世界選手権に吉岡美帆英語版とのペアで女子470級に出場し、このクラスでは日本初の優勝を果たした。

外部リンク[編集]