吉川和篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉川和篤(よしかわ かずのり、1964年3月 - )は、日本軍事研究家イラストレーターデチマ・マスRSI戦友会協会会員、震洋会準会員。

『イタリア軍入門』の著書を始め、イタリア軍関係の記事を多く執筆している。また、ドイツ軍装関係の解説記事やミリタリーイラストも商業誌に掲載。かつては『ストーミングイーグルス』(大日本絵画)の表紙カバーイラストも手掛けた。現在『MILITARY CLASSICS』誌で「Viva!知られざるイタリア軍」を、『タミヤニュース』で「第二次大戦イタリア軍装備解説」を連載中。

人物[編集]

香川県高松市生まれ。幼少の頃はプラモデルから始まったドイツ空軍戦史や戦闘機に傾倒して過ごし、成人してから軍装収集・研究を趣味としていた。1990年代よりイタリア軍装の魅力に惹かれ、その後イタリア軍戦史、特にイタリア社会共和国(RSI)軍研究にも手を拡げ、広告会社でアートディレクターとして勤務の傍ら、イタリアに通っては直接退役軍人と会って取材し、各地の慰霊祭に参加または戦場を訪ねるフィールドワークに勤しんでいる。2002年には一年近くイタリアに在住し、イタリア語の習得やイタリア軍研究を実地で行った。また、軍装の知識を活かしてタミヤからリニューアル発売されたセモベンテ、カーロ・アルマートM13/40のキットに付属したイタリア兵士フィギュアの考証も行う。さらにアニメーター修行の経歴から萌え系イラストも描け、『MC☆あくしず』17号のイタリア軍特集では自らイタリア軍美少女イラストも手掛けている。

著書[編集]

自著[編集]

共著[編集]

書籍寄稿[編集]

ゲスト出演[編集]

  • 萌えよ!戦車学校III型(イカロス出版 2008年)
    • 『萌えよ!戦車学校II型』にて語られたヨタ話(イタリア軍は砂漠でパスタを茹でていた)を訂正するために登場し、史実の解説を行った。

翻訳[編集]

  • アニメ『ヨルムンガンド』3話劇中でのチナツと師匠のイタリア語会話を翻訳監修(2012年)

資料[編集]

  • アニメ『ガールズ&パンツァー
    • TVシリーズへの戦車関係の一次資料協力(2012年)
    • OVAへの戦車、軍装、イタリア語関係の監修と資料協力(2014年)

インタビュー[編集]

雑誌連載・掲載[編集]

参考文献[編集]

  • イタリア軍入門(イカロス出版 2006年)
  • MG.DVDブックシリーズ8 緑の悪魔1939-1943(大日本絵画 2006年)