台湾の諸言語訳聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台湾諸語の分布

台湾の諸言語訳聖書(たいわんのしょげんごやくせいしょ、英語: Bible translations into the languages of Taiwan)ではキリスト教聖書台湾で使われている中国語台湾語少数民族諸言語への翻訳を扱う。

中国語[編集]

台湾では教育は中国語で行われていて、政府機関・大企業での事務は中国語で行われる。文字は中国本土のように簡体字横書きでなく、繁体字縦書きが好まれる。

台湾語[編集]

台湾語は閩南語(「閩」は中国福建省の略称)とも呼ばれ、台湾の人たちの大部分は祖先が福建省南部の出身である。1916年、トマス・バークレイ(Thomas Barclay、中国語名:巴克禮)は新約聖書をローマ字表記で完成し、続いて1930年に旧約聖書を完成し、1933年には新・旧訳全書を出版し、これは後に『台語羅馬字聖經』(Amoy Romanized Bible)と呼ばれた。1996年、この聖書を漢字に直した『台語漢字本聖經』が台灣聖經公會(台湾聖書協会)から出版された[1][2]

Translation ヨハネ 3:16
Taiwanese Bible Romanized Character Edition[3]. In-ūi Siōng-tè chiong to̍k-siⁿ ê Kiáⁿ siúⁿ-sù sè-kan, hō͘ kìⁿ-nā sìn I ê lâng bōe tîm-lûn, ōe tit-tio̍h éng-oa̍h; I thiàⁿ sè-kan kàu án-ni.
Taiwanese Bible Han Character Edition[4]. 因為上帝將獨生的子賞賜世間,互見若信伊的人,[勿會]沈淪,會得著永活,伊疼世間到按呢。

現在『現代台語譯本』をやはりローマ字で翻訳中で、新旧約全書が翻訳を終っているが、精査中である。[5]

客家語[編集]

台湾にも客家が多く住んでおり、台北の公共交通機関では中国語、台湾語、英語、客家語の4か国語で案内が行われるほどである。客家語訳聖書は、1984年に開始されて、1993年『客語聖經-新約附詩篇』が出版され、2012年に漢字・ラテン文字対照の新旧約全書『客語聖經:現代台灣客語譯本』(Hakka Bible: Today's Taiwan Hakka Version)が出版された。[6]

アミ語[編集]

アミ族台湾原住民の中で一番多いといわれていて、台湾東部一帯の花蓮県台東県屏東県に在住する。アミ語訳聖書は、はじめ1957年に注音符号で「雅各書」(ヨハネによる福音書)が出版されて、1963年以降はピン音に改めて、1997年には新旧約全書が出版された。[7]

その他の言語[編集]

パイワン族パイワン語(1993年、新約)、ブヌン族ブヌン語(新約1983年、旧約2000年)、タイヤル族タイヤル語(注音・漢字対象新約1974年、ピン音・漢字対象2003年)、タロコ族タロコ語(新約1960年、新旧約2005年)、タオ族タオ語(新旧約2005年)、ルカイ族ルカイ語(新約2001年)、ツォウ族ツォウ語(1999年以降翻訳開始)の聖書が翻訳されている。

脚注[編集]

参照項目[編集]

外部リンク[編集]