古荘四郎彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ふるしょう しろひこ
古荘四郎彦
Furusho Shirohiko.JPG
生誕 1884年7月18日
熊本県熊本市
死没 (1967-10-24) 1967年10月24日(83歳没)
出身校 東京帝国大学
職業 銀行家

古荘 四郎彦(ふるしょう しろひこ、1884年(明治17年)7月18日 - 1967年(昭和42年)10月24日)は、日本銀行家。初代千葉銀行頭取千葉工業大学理事。熊本県熊本市出身。陸軍大将古荘幹郎は兄。

来歴・人物[編集]

第五高等学校 (旧制)を経て、1912年(大正元年)東京帝国大学独法科を卒業、帝国商業銀行に入行する。支配人まで昇進したのち、1923年(大正12年)川崎銀行の営業局長代理に転進。1925年(大正14年)には川崎系の房州銀行と安房銀行が合併して発足した安房合同銀行の常務に就任する。以後千葉合同銀行頭取を経て、1943年(昭和18年)千葉合同、第九十八、小見川農商の各行の合併で発足した千葉銀行の初代頭取に就任する。

当初は堅実な融資態度で「堅物頭取」として有名だったと伝えられるが、次第にワンマン的な姿勢へと変質していった。数多くの政治家絡みの情実融資を独断専行で乱発したほか、横井英樹白木屋乗っ取りにおいて横井側への資金提供で関与したとされる。1958年(昭和33年)、銀座のレストラン「レインボー」マダムの坂内ミノブへの10数億円もの不正融資した千葉銀行レインボー事件が発覚して頭取を退任、特別背任罪で起訴され[1]1961年(昭和36年)東京地裁は懲役3年・執行猶予3年の判決を下し確定する。

関連項目[編集]

脚注[編集]