古田亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古田 亮(ふるた りょう、1964年 - )は、日本の美術史学者、東京藝術大学大学美術館准教授。専門は近代日本美術史。

来歴[編集]

東京都生まれ。1989年東京芸術大学美術学部芸術学科卒。1993年同大学院博士課程中退、東京国立博物館美術課絵画室研究員。1998年東京国立近代美術館勤務、2001年同主任研究官、2006年東京藝大大学美術館助教授、2007年准教授。2004年琳派展、2006年「揺らぐ近代」展(2007年倫雅美術奨励賞)、2007年横山大観展などを担当。2010年『俵屋宗達』でサントリー学芸賞受賞。

著書[編集]

 以下は共著・編著
  • 『近代日本の画家たち 日本画・洋画美の競演』平凡社 別冊太陽 日本のこころ 2008
  • 『もっと知りたい速水御舟 生涯と作品 アート・ビギナーズ・コレクション』東京美術 2009。鶴見香織・吉田春彦共著
  • 岡倉天心 近代美術の師』平凡社 別冊太陽 日本のこころ 2013
  • 『もっと知りたい横山大観 生涯と作品 アート・ビギナーズ・コレクション』東京美術 2018。鶴見香織・勝山滋共著
  • 『教養の日本美術史』ミネルヴァ書房 2019
  • 『日本画の所在 東アジアの視点から』勉誠出版 2020.3。北澤憲昭共編

論文[編集]

外部リンク[編集]