口腔生化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

口腔生化学(こうくうせいかがく、英語:biochemistry and molecular dentistry)とは、基礎歯学の一分野で、主に生化学的・分子生物学的手法を用いて口腔疾患および組織を研究する分野である。他の名称として、口腔分子生物学(こうくうぶんしせいぶつがく)、口腔医化学(こうくういかがく)などの呼び名がある。

現在、口腔のみならず全身組織などの研究も行っており、口腔に限定されたものではない。そのため、研究に従事している者は、歯科医師の他に遺伝子学者、免疫学者、理学者、工学者などさまざまな分野の研究者が従事している。ただし、口腔を主として発展してきたため、骨に関連した研究を行う者が多い。また、口腔細菌学口腔微生物学)と関連する分野でもあり、両研究分野を兼ねる研究室もある。

関連学会[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]