原道生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 道生(はら みちお、1936年昭和11年) - )は、日本近世演劇研究者、明治大学名誉教授

東京生まれ。1960年東京大学文学部国文科卒、1966年同大学院博士課程単位取得満期退学、東京大学文学部助手、1971年横浜市立大学文理学部助教授、1981年明治大学文学部教授、2005年同図書館長、2007年定年、名誉教授。第46回河竹賞、第36回角川源義賞受賞。2016年、春の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

著書[編集]

  • 『鑑賞日本の古典 近松集』尚学図書、1982
  • 『近松浄瑠璃の作劇法』八木書店古書出版部、2013

共編著[編集]

校注など[編集]

参考[編集]