加藤俊彦 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 俊彦(かとう としひこ、1967年 - )は日本経営学者。専門は経営戦略論経営組織論一橋大学大学院経営管理研究科教授、国立大学法人一橋大学役員補佐。カンダホールディングス取締役組織学会高宮賞、企業家研究フォーラム賞、日本経営学会賞受賞。

人物・経歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。1990年一橋大学商学部卒業。榊原清則ゼミ出身。1992年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了後、名古屋に戻りノリタケカンパニーリミテドに入社。1997年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位修得。1998年、論文「構造化過程としての技術発展 : 非決定論に基づく高密度実装技術の経営学的考察 」により、一橋大学博士(商学)の学位を取得。審査員は片岡寛佐久間昭光後藤晃 [1][2][3][4][5]

1997年東京都立大学 (1949-2011)経済学部専任講師、1999年同助教授。2000年組織学会高宮賞(論文部門)受賞。2001年一橋大学大学院商学研究科助教授。2003年組織学会評議員。2008年企業家研究フォーラム賞受賞。ロンドン大学シティカス経営大学院客員研究員を経て、2011年一橋大学大学院商学研究科教授。2012年組織学会高宮賞(著書部門)及び日本経営学会賞(著書部門)受賞。2014年カンダホールディングス社外取締役。2016年国立大学法人一橋大学役員補佐(産学官連携担当)[6][7][8][9]

著書[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「一橋大学 , 博士 (商学) , 乙第199号 , 1998-03-11 」
  2. ^ 「教員」一橋大学大学院商学研究科
  3. ^ 「学位授与者(于毅波・加藤俊彦・大薗恵美・軽部大・王文英・林保順)」一橋論叢 日本評論社 1-Sep-1998
  4. ^ 「著者略歴」『競争戦略』日本経済新聞出版社 2014年
  5. ^ 「著者略歴」『技術システムの構造と革新-方法論的視座に基づく経営学の探究』白桃書房 2011年
  6. ^ 「社外取締役候補者の選定に関するお知らせ 」カンダホールディングス
  7. ^ 「加藤 俊彦(カトウ トシヒコ)」一橋大学
  8. ^ 「著者略歴」『競争戦略論』東洋経済新報社 2003年
  9. ^ 「加藤 俊彦」researchmap