コンテンツにスキップ

劇団シアター・ウィークエンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

劇団シアター・ウィークエンド(げきだんシアター・ウィークエンド)とは、松本喜臣が主宰する日本の劇団

主な上演作品に、「にっぽん音吉物語」、「流・流」、「貞奴」などがある。拠点劇場は「スタジオ・座・ウィークエンド」。お笑いで有名な「中野twl」は系列のスタジオ。

来歴

[編集]

1973年に創立され、名古屋を中心に活動している。

1988年に劇団創立15周年を迎え、小劇場としては画期的な1カ月長期公演「漂浪」(東田麻希:作、松本喜臣:演出)を成功させた。そして同年に、松本喜臣が「第10回都市文化奨励賞」を受賞。

1989年10月には、文化庁芸術祭主催公演「地域劇団東京演劇祭」に参加。さらには1993年には、20年間の活動が認められ、名古屋市芸術賞奨励賞を受賞。

地元名古屋を中心にした活動ではあるが、知多郡出身の山本音吉を主役にした「にっぽん音吉物語」でシンガポール公演、アメリカ(ベルヴュー市)公演、イギリス(ロンドン、バンガー市)公演も実現させている。

2013年に劇団創立四十年を迎えた。

所属俳優

[編集]
  • 松本喜臣(主宰)
  • 後藤明日香
  • 中村真弓
  • 岩田浩明
  • 黒河内彩
  • 三輪和泉
  • 堀部幸隆
  • 富田裕子
  • 石原渉
  • 中野由佳子
  • 川辺早紀子
  • 松岡和貴
  • 山岸憲

かつて所属していた俳優

[編集]

主な公演

[編集]

外部リンク

[編集]