前田知巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 知巳(まえだ ともみ、1965年 - )は、日本コピーライター、クリエイティブディレクター[1]

人物[編集]

熊本県熊本市出身[2]熊本県立熊本高等学校を経て、1988年東京外国語大学外国語学部卒業、同年博報堂入社[2]

1999年、博報堂を退社し、2001年フューチャーテクスト設立[2]

主な仕事[編集]

  • 「アホやった。竹村健一」(全日空[2]
  • 「hungry?」(日清カップヌードル[2]
  • 「私は反対でした。矢野顕子」(東芝EMIYMO再結成)
  • 「いろいろ奪うと大人ができる。」(東芝EMI・ザ・タイマーズ
  • 「おじいちゃんにも、セックスを。」(宝島社[2]
  • 「国会議事堂は、解体。」(宝島社)
  • 「生年月日を捨てましょう。」(宝島社)
  • 「極生[1]」「生黒」(キリンビール
  • 「目指してる、未来がちがう。」(シャープ[1]
  • 「親、子。人はつづく。キリンビール」(キリンビール)[1]
  • 「うれしいを、つぎつぎと。」(キリンビール)[1]
  • 「憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言」(岩波書店書籍タイトル)
  • 『ヒートテック』『+J』『ビックロ』等のコンセプトワーク(ユニクロ)
  • 「スポーツカーは、カルチャーです。」(TOYOTA 86)
  • 「権力より、愛だね。」(TOYOTA CROWN)
  • 「深遊探訪」(JR東日本 四季島コンセプト)

主な受賞[編集]

朝日広告賞最高賞、毎日広告デザイン賞最高賞、読売広告大賞読者大賞、TCC最高賞、ADC賞、JR東日本ポスターグランプリほか多数[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f フューチャーテクスト プロフィール 2014年7月15日閲覧
  2. ^ a b c d e f 「コピーライターの前田知巳さん コピーの意味が年々重くなっている [略歴] 首都圏ネット熊本」『熊本日日新聞』2008年1月19日 朝刊

外部リンク[編集]