前田正子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前田 正子(まえだ まさこ、旧姓西山、1960年 - )は、元横浜市副市長甲南大学マネジメント創造学部教授

来歴[編集]

大阪府出身。1982年早稲田大学教育学部を卒業し、松下幸之助が創設した松下政経塾に入塾(第3期生)。同期に松沢成文(前神奈川県知事)、笹木竜三民主党衆議院議員)、鈴木淳司古山和宏本間正人らがいる。卒塾後、松下政経塾の職員を務める。

1992年、生後半年の長男を伴い、一家でアメリカ合衆国に移住。ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院に留学する。1994年に帰国後、ライフデザイン研究所(現第一生命経済研究所)で研究職に就き、母親の立場から保育制度、育児支援制度の研究に従事した。また慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程に入学し、2002年に修了(博士号を取得)。

2003年、松下政経塾の後輩である横浜市長中田宏の要請を受け、横浜市副市長に就任(~2007年)。退任後、甲南大学マネジメント創造学部教授に着任。

2009年内閣府地域主権戦略会議構成員に就任(~2012年)。

著作[編集]

  • 『福祉がいまできること』 岩波書店 2008年
  • 『子育てしやすい社会』 ミネルヴァ書房 2004年
  • 『子育ては、いま』 岩波書店 2003年
  • 『福祉ミックスの設計』 加藤寛、丸尾直美編(共著)有斐閣 2002年
  • 『少子化時代の保育園』 岩波書店 1999年
  • 『保育園は、いま』 岩波書店 1997年

論文[編集]

  • 「『全国子育てマップ』に見る保育の現状分析」 国立社会保障・人口問題研究所編『少子社会の子育て支援』東京大学出版会 2002年
  • 「ファミリーフレンドリーな職場と労働組合の役割」『日本労働研究雑誌』No.503 2002年6月号 日本労働研究機構

外部リンク[編集]