函館市タクシー運転手強盗殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

函館市タクシー運転手強盗殺人事件(はこだてしタクシーうんてんしゅごうとうさつじんじけん)は、2006年12月に北海道函館市で発生した、強盗殺人死体遺棄事件。捜査特別報奨金制度の事件。

現場状況[編集]

2006年12月21日午前7時10分頃、函館市港町3丁目にある、港町荷揚場に乗り捨てられているA交通のタクシーを発見され、トランク内からうつ伏せの状態で同交通のタクシーの運転手の男性(当時42歳)が遺体が見つかった。遺体には刃物で胸などを刺されており、タクシー内にあった売上金はなくなっていた。

事件の経過[編集]

  • 12月21日
    • 午前3時50分頃 - 被害者が勤めるA交通の営業所(北斗市七重浜1丁目)付近で客を乗せ、国道227号線(大野街道)を亀田郡七飯町方向に走行(走行記録もある)。
    • 午前4時5分頃 - 亀田郡七飯町字仁山付近で空車。その後亀田郡七飯町字峠下など周辺を走行。
    • 午前4時20分頃 - 亀田郡七飯町字峠下102番地で停車。
    • 午前4時25分頃 - 亀田郡七飯町字峠下102番地から国道227号線や国道228号線を経て函館市内を走行。
    • 午前4時55分頃 - 函館市港町3丁目で停止
    • 午前7時10分頃 - 交代予定の午前6時半になっても被害者が戻ってこないため、同僚数名がタクシーで捜索。GPS(衛星利用測位システム)から位置を確認し、車両を発見した。
    • 午前7時25分頃 - 配車係を通じて110番通報。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]