出田節子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

出田 節子(いでた せつこ、1942年 - )は、画家シュルレアリスムの巨匠であるバルテュスの夫人。本人も画家である。出田節子は日本名で、現在の本名は、セツコ・クロソフスカ=ド=ローラ(Setsuko Klossowska de Rola)である。

略歴[編集]

東京都の出身で、上智大学外国語学部フランス語学科に在学中の20歳の時、来日中のバルテュスと出会い、1967年に結婚した。

アカデミー・ド・フランスの館長を務めるバルテュスを支え、ローマで15年間暮らす。 1977年スイスグラン・シャレに移り住む。 2001年に夫と死別し、2002年にバルテュス財団を発足させた。 2005年ユネスコ平和芸術家に任命される。

1973年に誕生した娘・春美(ハルミ・クロソフスカ=ド=ローラ、ジュエリーデザイナー)がいる。