出口晴三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出口 晴三(でぐち はるみ、1949年昭和24年)3月25日[1] - )は、日本政治家。元東京都葛飾区長

経歴[編集]

東京都葛飾区出身[1]1972年(昭和47年)立教大学を卒業する[1]鯨岡兵輔の秘書を経て、1975年(昭和50年)最年少で葛飾区議会議員に当選した[1]1985年(昭和60年)東京都議会議員に転じたのち1992年(平成4年)葛飾区長に就任した[1]

1993年(平成5年)10月、公職選挙法違反の容疑で逮捕され、11月に2度目の不信任決議案により失職[1]1994年(平成6年)3月、東京地方裁判所より懲役1年6か月、執行猶予4年、公民権停止4年の判決を受けた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ 編 『現代政治家人名事典』 日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X