冷奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
冷奴

冷奴(ひややっこ)は、豆腐を使った料理の一つ。奴豆腐(やっこどうふ)、略してやっこともいう[1]。主に、向きの料理として食べられる。

冷やした豆腐(絹ごし豆腐、木綿豆腐の双方が使用される)の上に薬味を載せたり、調味料を使用して食べる日本の料理である。

豆腐は数センチメートル角か[2]、あるいは近年は一人分の大きさの直方体に切る。

薬味や調味料は様々なものが使用され、薬味は刻みネギ削り節、おろしショウガミョウガ青じそのみじん切り、ダイコンおろし他、調味料は濃口醤油唐辛子味噌、その他のタレなどである。

また、オクラ納豆などを載せて食べる事もある。

歴史[編集]

江戸時代豆腐百珍においては、「一般的に知られているので料理法は記すべきほどではない」とされていることより、それ以前より広く知られていたと考えられる。

語源[編集]

語源については、食材を大きく四角に切ることを「に切る」ことに由来するとする説、「冷やっこい」から転じたものであるとする説があるが豆腐以外の食材を「に切る」とは言わず、一方は駄洒落をこじつけた珍説に過ぎない。 正しくは江戸時代に武家に使えた者の中で最も身分の低い「奴(やっこ)」と呼ばれる者達が着ていた着物の柄が四角柄だった為、それを連想させる四角い豆腐を奴(やっこ)と呼んだ事に由来する。

地方の特色[編集]

石川県関西地方の一部ではショウガではなくカラシをのせるほか、山形県では郷土料理の「だし」をのせるなど、地方独自の食べ方もある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 新明解国語辞典第7版(三省堂、2012年)
  2. ^ 世界大百科事典(平凡社)、豆腐の項

引用エラー: <references> で定義されている name "日国" の <ref> タグは、先行するテキスト内で使用されていません。