だし (郷土料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯に乗せられた「だし」。茄子、胡瓜、茗荷、オクラ、コンブを使用。

だしは、山形県村山地方郷土料理である。夏野菜香味野菜を細かくきざみ、醤油などで和えたもの。豆腐にかけて食べる。一般的には出汁と区別して、山形のだしと呼ばれるが、「山形のだし」は株式会社マルハチ商標登録している。山形にはだしを製造する漬物会社がいくつか存在する。

作り方[編集]

よく冷やした野菜を、五ミリ大に荒くみじん切りにし混ぜ合わせ、醤油うま味調味料などで味付けする。味を馴染ませるため数時間から一晩ほど寝かせる場合もある。主に茄子胡瓜などの夏野菜と、少量の紫蘇茗荷生姜などの香味野菜を用いる。もっとも、身近な野菜であれば食材を選ばず、人参ピーマンなどの冷蔵庫の残り野菜を何でも使うことができる。茹でたオクラ昆布、納豆昆布、めかぶを使って、粘り気を出すこともある。各家庭によって、それぞれに異なった味付けがあるのも特徴。 

食べ方[編集]

出来上がった「だし」は、大皿に盛られ、各自が適量を温かいご飯に載せて食べるのが一般的。また、豆腐にかけて、冷奴の薬味の替わりとして食べられることも多い。蕎麦つゆに同量を入れ、麺に絡ませる食べ方もある。

その他[編集]

脚注[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]