兵庫船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

兵庫船(ひょうごふね)は古典落語の演目のひとつ。兵庫渡海鱶魅入(ひょうごとかいふかのみいれ)とも。もとは上方落語における長編『西の旅』の一部であるが、桑名船(くわなぶね)の演題で東京でも演じられる[1]

冒頭のシーンが共通した東京落語の演目・鮫講釈(さめこうしゃく)あるいは五目講釈(ごもくこうしゃく)[2]についても、この項で記述する。

概要[編集]

兵庫船・桑名船[編集]

原話は、文化年間に出版された笑話本『写本落噺桂の花』の一編「乗り合い船」および、1769年(明和6年)に出版された笑話本『写本珍作鸚鵡石』の一編「弘法大師御利生」。主な演者に、上方の6代目笑福亭松鶴や東京の5代目三遊亭圓楽などが知られる。

鮫講釈[編集]

『桑名船』の後半部に講釈師を登場させ、サゲを大きく改変した演目。実在の講釈師・初代一龍斎貞山が桑名沖で船をサメに囲まれた際、講談を一席やったところ、サメが逃げた、というエピソードが元になったとされる。

あらすじ[編集]

冒頭[編集]

仲のよいふたり連れの男(上方では喜六と清八。東京では半次と八五郎。以下、AとBで統一)が旅の途上(上方では金比羅詣りを終えた帰り道、兵庫鍛治屋町の港。東京ではお伊勢参りの道中、熱田の港)、船に乗り込むことになった。「船は嫌いだ」と言って怖がるAを、Bは強引に突き飛ばして乗せる。

船は無事、沖へ出る。心が落ち着いた乗客たちは打ち解け合い、話をしはじめる。そのうちに、乗客のひとりの男が、AとBに対し「なぞかけをやろう」と持ち掛ける。まずは男が、「いろはの『い』とかけて、茶の湯の釜、と解く」とかける。Bが「その心は?」と問うと、男は「炉(ろ)の上にあり」と答える。Bが「『ろ』とかけて、野辺の朝露と解く」とかける。男が「その心は?」と問うと、Bは「葉(は)の上にあり」と答える。この調子で「『は』とかけて金魚屋の弁当。その心は荷(に)の上にあり」「『ほ』とかけてふんどしの結び目。その心は屁(へ)の上にあり」と続けていく。

そんな中、突然船が止まる。乗客が船頭にたずねると、「このあたりの海には、たちの悪いサメが大量にいて、船の乗客の誰かを目当てに寄ってきたため、船を止めた。このままでは船底を食い破られて船が沈んでしまう。乗客各人の所持品を、海の中へ放り込んでほしい。それが海面を流れて行ったら大丈夫だが、沈んだ場合はサメがその持ち主に魅入られている証拠だから、飛び込んでいただいて、命はあきらめてほしい」と言い放つ。

乗客たちは助かりたい一心で、比較的軽い所持品を海に投げ込んでいく。Aが「ああ、沈んだ!」と叫ぶので、Bが「何を放り込んだんだ?」と聞くと、Aは泣きながら「キセル(あるいは、文鎮)」と答える。

以下、サゲに至る展開が異なる。

兵庫船・桑名船[編集]

海中深く沈んでいったのは、巡礼者の母子連れのうち、娘が投げ込んだ編み笠だった。母子が泣きながら別れを惜しみ、同情した乗客が騒いでいると、それまで眠っていた中年の男が騒ぎで目を覚ます。男は「俺が何とかしてやろう」と宣言し、船べりへ身を乗り出して、浮かび上がったサメの、大きく開いた口の中に、キセルの灰をはたき込んで驚かせ、撃退する。「あなたは、いったい何者なんですか」

「なに、ただのかまぼこ屋です」(サメは、かまぼこの主原料となる)。

鮫講釈[編集]

海中深く沈んでいったのは、中年の男が投げた扇子だった。男は講釈師・一龍斎貞山の弟子、貞船(ていせん=停船とかけた地口)を名乗り、「最後に一席語ってから死にたい」と言う。乗客たちは了承する。「あれもやりたい、これもやりたい。ですから、いろいろな講釈を張り混ぜにした、『五目講釈』というものをやらせていただきます。……あれに聞こゆるは山鹿流陣太鼓。『遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ』。この時、加賀国住人・富樫左衛門、関門をサッと押し開けば、真っ先に進んだる武蔵坊弁慶……」そのうちサメはいなくなり、船は安全に行き先の港に着くことができた。

一方海では、サメの大将が船から逃げたサメを叱っている。 「何で逃げたんだ」「怖いんですよ」「たかだか講釈師ひとり、何が怖いのだ」

「あれ、講釈師? あんまり船べりをバタバタ叩くので、かまぼこ屋かと思った」

バリエーション[編集]

  • 上方では、サメを「フカ」と呼んで演じるのが一般的である。
  • 娘を助けるのが、かまぼこ屋ではなく侍、とする演じ方がある。原話は、明和5年に出版された笑話本『軽口春の山』の一編「フカの見入り」。
侍は、イカリに娘の着物を着せて海に投げ入れる。サメがイカリを飲み込むのを待って、乗客たちでイカリを引っ張ると、サメの内臓がイカリにくっついて上がってくる。「サメはどうなった?」
になって(=裏返しで)流れて行ったよ」

脚注[編集]

  1. ^ 上方において『桑名船』の題で知られる演目は、東京における『岸柳島』と同一のものであるため、混同に注意が必要である。
  2. ^ 『五目講釈』の題は、勘当された若旦那が講談に挑む『居候講釈』(東京では『調合』)の別題としても使われるため、混同に注意が必要である。